インターナショナルプリスクール FunShine Academy


 MAP
Kindergarten
Elementary School
Study Abroad
Blog
Home
ConceptProgramAccessFAQ
HOME > イベント・インフォメーション
イベント・インフォメーション

Category : Teacher’s blog

世界で活躍できる「人」Global citizen
2017年04月18日(火)12時00分

入学式から2週間が経ち、初めての事に興味深々な子どもたち。朝のルーティンもサークルタイムもすっかり慣れてきたようで、子どもの吸収力には日々驚かされています。

Funshine Academyでは国際的合意を形成する上で必要な共通言語である『英語』と母国語である『日本語』の両言語を身につけさせるバイリンガル教育プログラムを通して、国際的に活躍できる人材の育成を目指しています。

 

グローバル社会における未来の「グローバルに活躍できる人」を育成する「Active Learning」の手法に加え、21st Century Education-自分の頭で考え、行動するという思考性とスキルを身に付け、自分自身の強みをしっかり見出し、それぞれの道を歩むことにポジティブになれる授業を行っています。

グローバルに活躍できる人とはいったいどんな人でしょうか?

先日、GACKTさんがマレーシアに移住して5年になり、多様性とはどんな事かをテレビで話していました。マレーシアはアジアにおける他民族国家です。そこで暮らしていく中で求められる多様性。型にはまった考え方では生き抜けないこと、また、日本人は自分がお願いしたい事や、お伺いした事に対して相手から「No」と言われた時にそれに対して柔軟な答えや対応を持ち合わせていない事についても触れていていました。

 

さて、そのマレーシアの隣にある日本の淡路島程の面積の小さな国、シンガポール。2015年に建国50周年を迎え、経済発展著しく、今や日本を凌ぐ「アジアのエリート」を輩出しています。

私も幼少期から小学校までの8年間を過ごしました。その頃は、まだまだ力が無かったシンガポールですが、他民族の中で幼少期・小学校時代を過ごした8年が私のベースを創ったといっても過言ではありません。

日本とのシンガポール幼児教育の一番大きな違いがあります。その違いは、”自分の考えを表現する”事です。

英語などの第二言語は、道具(ツール)であって、その道具を使って何をするか? つまり何を伝えるのか? というところに最大の重きが置かれています。

決められた正解を求める、ということではなく、自分の考える正解を、どのようにして伝えると、みんなに伝わるか?また、納得してもらえるか?自分の意見、そして、それを相手に伝えること。

民族も、宗教も、バックグランドも、価値観も全て異なる人に、どうしたら伝わるのか?

 

今後、ますますグローバル化して、複雑になる社会に、あなたは何ができますか? これを考えることが徹底して行われます。

グローバルシチズンとして、かなり幼い頃から、Show&Tellという、例えば、自分の作ったものをみんなに発表する、といったことを行います。

経済開発協力機構(OECD)が行っている世界の学習調達度調査では、近年、シンガポールは日本を上回る目覚ましい成績を残しています。(もちろん、これはある一つの指標にしかすぎません。)こうした指標が全面的に正しいとは決して思わないのですが、指標の変化を見てみると、日本の学力が相対的に下がっています。

 

逆にシンガポールはすべての項目で、世界トップになりつつあります。

世界的投資家、ジム・ロジャースさん。世界一周を2回も行い、世界の隅々まで自分の目で見て周った大冒険投資家とも言われています。彼は子どもの教育を考えて、2007年にシンガポールに移住しています。

シンガポールのローカル紙に掲載されていた言葉を下記、引用します。

 

「子どもたちが親と同じ年頃になる時には、彼らをとりまく世界と価値観は必ず変容している。その変化を具体的に想像し、それに備えて知識や経験を蓄えていく必要がある。」−2014 年 投資家  Rogers Holdings 会長 Jim Rogers(ジム・ロジャース) 氏

 

ご自身の2人の娘さんは、マンダリンと英語を完璧に話し、シンガポールのエリート中学に通っています。グローバルシチズンとして、今後の世界で生きていくためには、まず道具としての英語、そして中国語が必要だ、という判断です。そして、世界をリードする人、情報が集まる地に、子どもの時から身を置いて、肌でそれを感じる環境が必要だ、ということでしょう。

 

グローバルシチズンとして世界で生きていくためには、今後、何が必要でしょうか?

 

子どもの教育の問題ではなく、これからの時代をグローバルシチズンとして、どう生きるのか?という大人の問題でもあります。

 

現の日本の教育は、「20世紀型の教育」が明治以来100年以上にわたり続いています。

「20世紀型の教育」とは、一言で言うと「正解主義」を重んじた教育と言えるでしょう。

正しい答えを求めることが最も重要で、途中のプロセスはあまり重視されていなかったような気がします。

過去の知識や経験がそのまま社会で通用したので、それで十分だったのかもしれません。

しかし、時代は変わっています。

 

過去の知識や経験だけで解決することは困難になっています。

それにもかかわらず、20世紀型の教育という与えられた枠の中で考える傾向が教育界には未だに根強く残っていると感じます。

 

日本における子どもの「英語力」と「考える力」は今後、日本の教育における大きな課題の一つです。日本人である事がアドバンテージで無くなった現在、もう既に世界に誇れる「日本の教育」では無くなっています。現在のカクイツ的な従来の標準化、マニュアル化の教育、そして、親御さんの子どもの成功の定義が「有名大学の受験の成功」や、「一流企業の就職」が基準になる教育ではなく、益々発展するシンガポールを始めとした近隣アジア諸国の中の一員としてグローバルシチズンを目指す教育が必要です。

 

グローバル化が進んでいる今日、人と議論し対話をする中で自分の考えを表現できるようにならなければなりません。

それぞれの価値感、さまざまな民族、そして文化を受け入れ、問題を共有しながらアイディアを出し合って課題を解決することが求められているのではないかと思います。

Mayumi Hayakawa

「global citizen」の画像検索結果


カテゴリー: Teacher's blog | コメントする
 
Pre Class in February (Daniel)
2017年03月14日(火)04時36分

February for the pumpkins was filled with love and Oni.

We started the month very early with a Setsubun celebration.

Charles and I dressed up as Oni and the kids threw beans at us.

I felt that some of the Pumpkins were afraid of monsters and the dark and I didn’t make it any better by turning into a monster.

  

With the second week coming, we worked on Valentine’s Day present for Mommy and Daddy.

We made them Hershey kisses and we put chocolate inside for them. The parents were surprised when they found the chocolates.

 

 

This month was really fun and next month will be the last we can hang out together,

since some of them will join the kindy class and others will be leaving.

   

So I hope next month can be as fun as February.

This year has been really fun with all the things we’ve done and all the places we went together.

 


カテゴリー: Teacher's blog, クラスの様子 | コメントする
 
Kanamiのファンシャイン日記〜Kinder Class in February〜 
2017年03月10日(金)04時52分

[★節分豆まき★]

2月3日は“節分豆まき”でしたね

子どもたちはこの日のために、各学年個性豊かな鬼のお面を作りました!!

鬼は怖いけれど、自分の中にいる悪い鬼を追い出したい….

そしてなによりみんなで、

「鬼はそと〜!、福はうち〜!」と豆をまきたい!!

そんなワクワクとドキドキが混ざった状態の子ども達の前に

鬼が現れました!!

みんな必死で豆をまきました

鬼がひるむ間に、せっせと落ちた豆も拾って(^_^;)

力強く豆をまきました

Funshineにやってきた鬼たちは、「I’m sorry.」と降参しいい鬼になったようです♫

 

[Pirates〜海賊〜]

Yo hoho

2月のLessonのThemeは、“Pirates”でした

子ども達は、可愛らしいPiratesになりきって、

実在した“黒ひげ”はもちろんのこと

有名なPiratesに触れていきました

PiratesになるためのTrainingも行いました!!

そしてAnchorやShip’s wheelを操り様々なIslandに到着し

そのIslandならではの体験をしました

“Love Love Island ”ではちょうどValentine’s dayということもあり

Chocolate marshmallowを作りました♥

“Tortuga”では、Cardgameやジェンガなどのgameをしてcoinを稼ぎ、

Sword marketで自分だけのオリジナルの剣を作りました!!

また、Captain Log(航海日誌)を見つけ

幸か不幸かGhost shipに遭遇してしまいました(>_<)

しかし、子どもたちは無事に生還しましたよ!!

さすがFunshine Pirates☆これからも、どんな荒波にも立ち向かう

かっこいいお友達でいてほしいですね♫

 

⚓ Ahoy Me Hearties ⚓


カテゴリー: Teacher's blog | コメントする
 
Chikakoのファンシャイン日記~Saturday kinder~
2017年03月09日(木)05時36分

みんないつも元気なSaturday classのお友だち!

3学期にも入り、Saturday classのみんなは大の仲良し!

英語スイッチオンして色々な事にチャレンジしています!

Conversationでは、“He has Big nose.”/”She has Long hair.”など

子ども達は、鼻が大きい・小さい、髪の毛が長い・短いといった

特徴を捉えて説明をしていきます

今まで使ってきたHe/SheやBig/Smallなどの単語を組み合わせた総復習!

自分たちで言葉が言えるということもあり、

Free playの時にFlash cardを使って先生の真似をしてGess who?ごっこをしていました!

自分のオリジナルのキャラクターを描いて、

英語で紹介する時間では色々な顔にみんなの笑い声が響いていました

先日はValentine Cooking!

パパとママに上げようと張り切ってつくっていました

もちろんCookingも英語でチャレンジ!

「Can I have a marshmallow please♥」と楽しそうに取り組んでくれていました!!


カテゴリー: Teacher's blog, クラスの様子 | コメントする
 
インターナショナルスクール 受験②
2017年02月24日(金)02時01分

インターナショナルスクールへの進学を検討しているけどまず何をすればいいのかわからない。。。
今回は検討段階から入学までの一般的な流れを、ファンシャインアカデミーのサポート内容と併せてご説明いたします。

おおまかに下記の3つに分けられます。

①情報収集
②審査
③入学準備

①情報収集

■情報収集
まずはそれぞれのインターナショナルスクールについて知ることと、「どのような特徴を持つ学校なのか?」についての情報が大切です。
それぞれどんな特徴があるのかなど、しっかり学校の特徴を把握することは、後に行う面接にて非常に大切なポイントです。
■空席状況の確認
空席状況については、メールもしくは電話にて学校へ直接問い合わせとなります。
またここで入学を検討している旨を伝え、同時に学校訪問の予約も行う場合もございます。
■学校訪問/説明会への参加
学校訪問は実際に行ってみないと得られない情報をたくさん得る事ができます。
面接での回答を考えるにあたっても非常に大切なポイントとなります。
■願書、必要書類の取得
実際に学校に直接取りにいき、直接提出する場合と、オンラインで取得・提出する場合に分かれます。
直接取得、提出をしにいかれる場合は、スクールスタッフの方とのやり取りなどを通じて、学校の様子や雰囲気を感じ取れると思います。

②審査

■必要書類の記入・提出【一次審査】
書類審査が一次審査となることが多く、ここで決まる小学校もあります。
お子様の現状をしっかりと把握した上で、内容構築から英文による表現まで、「実際に会ってみたい」と思わせる願書が必要です。

■面接【二次審査】
インターナショナルスクールの場合、基本的には全てが英語面接となります。

③入学準備
晴れて合格となった場合、入学準備へと進みます。

■入学手続き
必要書類の提出、入学金・授業料等の振込を行います。

■入学に向けての準備
制服がある場合は制服を購入したり、授業で用いるものを買いそろえたりします。
入学してからは完全に英語での環境となります。

■入学
そして決められた初登校日がスクールスタート1日目となります。

日本の学校とは全く異なる環境となるインターナショナルスクールに編入されるということはかなり大きな決断となります。
何を目的にご入学されるのか、本当にその目的に合致しているのか、学費は継続的に払い続けることはできるのか、インターナショナルスクールと日本の学校の違いをしっかりと調べ理解しているのかも学校選びの重要なポイントとなります。


カテゴリー: Teacher's blog | コメントする
 

 
サイトマップ
コンセプト&特徴プログラム・料金幼稚園小学生留学制度ブログ会社概要FAQアクセスお問い合わせHOME



東京都 豊島区 東池袋4-41-24 東池袋センタービル9階 電話 03-6912-6912 Fax:03-6912-6911
Copyright (C) 2010-2012 Funshine Academy All rights reserved. Designed by TARO HOSOKAWA

お問い合わせ