ピックアップニュース

2020年度からのFunShine Academyについて

 

2020年度より、FunShine Academyは変わります♪

下記の通りPreschoolKindergartenの保育時間が増え、共働きのご家庭でも通いやすくなります。

⭐️その1 秋休みの廃止、長期休暇期間の短縮

夏休み期間中は、預かり保育とSummer Schoolを実施し、完全なお休みがなくなりました。

春休みも預かり保育とSpring Schoolを設け、冬休みは年末年始の約1週間がお休みとなります。

⭐️その2 時間外託児の時間延長

月〜金曜日の各曜日、早朝預かり保育AM8:00〜、夕方預かり保育〜PM6:30まで可能です。

 

ご帰国や転勤などで、途中入園もお受付しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

2021年度生徒募集につきましては2020年4月下旬頃にホームページにて告知を予定しております。

🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸

2020年度から小学校の英語教育が必修化!

2020年4月から、小学校の英語教育が変わります。小学校3・4年生から「聞くこと」「話すこと」といった、体験型の音声を中心としたコミュニケーション能力の基礎を学びます。小学校5・6年生からは「読むこと」「書くこと」も追加して学びます。急速なグローバル化で、英語教育がますます重要になってきました。

文部科学省では教育目標として、「小学生の柔軟な適応力を生かして、英語の音声や基本的な表現に慣れ親しみ、聞く力を育てることなどは、教育内容として適当と考えられる」と述べています。

当スクールでも、子どもの頃から英語に触れることはとても大切だと考えております。

ファンシャインアカデミーでは2歳児から英語を学びますが、とくに言葉をおぼえていく幼児期に、日本語と英語の2つの言語を学ぶことで、日本語で話すときは日本語で考える能力、英語で話すときは英語で考える能力がスムーズに身につきます。現代の日本人は、この切り替えがなかなかできず、頭の中で日本語から英語に翻訳する・・・といった作業があります。また、文法も異なるので、日本人にとって英語学習はとても大変な作業なのです。

また、早くから英語を多く聞くことで「英語耳」が身につき、日本人が苦手とされる発音の聞き分けができ、きちんと理解できるようになります。幼児期から当たり前のように、苦手意識がない時期から英語に触れることは、グローバルな世界でこれから生きていく子ども達にとって、とても大切なことです。

ファンシャインアカデミーでは、インターナショナルスクールに進学しないお子様もスムーズに日本の小学校の英語教育に対応できるようサポートしていきます。

早くから英語教育をして、日本語は大丈夫なの・・・?

文部科学省のホームページにもあがっていますが、子供の頃から英語教育を実施することについては、国語力の育成との関係を懸念する指摘がみられます。しかし、世界をみてみるとEUでは言語教育の多様化を進めており、母国語以外に2つの言語を学ぶべきであるとしています。

また、お隣の韓国は昔は英語が苦手な国でしたが、現在では英語先進国と言われ、英語教育でスピーキングなどのアウトプット能力育成に力を入れ、この10年で急速に国民の英語力が向上し、英語が話せなければ生き残れないとまで言われています。

日本でも、対話能力にも力を入れる英語教育へと変わろうとしています。

両方の言語が未熟になるのでは?混乱しないか?そんな心配が出るのも不思議ではありません。しかし、子ども達の柔軟性と適応力はとても素晴らしく、実際にファンシャインアカデミーの子ども達は日本語と英語をきちんと使い分けて過ごしています。

インターナショナルプリスクールで日本語は学べるの・・・?

完全英語のインターナショナルプリスクールでは日本語や日本文化を学ぶ機会はあまりありません。現在では、日本語レッスンもあるバイリンガル教育を取り入れたスクールも増えてきました。ファンシャインアカデミーでは、設立当時、日本文化や日本語を重視しているインターナショナルプリスクールがなかったため、下記の教育理念をかかげ、日本人としてのアイデンティティを育てながら、国籍・宗教を問わず、広い視野をもった国際感覚と高い英語力を基盤とした「生きる力」を育てることを目指しています。

・日本人として日本文化に深い興味が持てる子
・世界の多様性を理解してグローバルに考えられる子
・自分の考えを持って積極的に対話できる子 を育てます。

また、いち早く英語講師と日本人講師のペアティーティング体制を取り入れ、Kindergartenでは日本語のレッスンで知育やリトミックの他、節分や雛祭り、七夕といった日本の伝統行事も大切にしています。

これらは日本の小学校へ進学する際に限らず、将来海外への留学や就職をする際、日本人としてしっかり日本文化や日本の慣習・習慣を身についていることはとても大事であると考えています。

ファンシャインアカデミーの卒園後

ファンシャインアカデミーでは、卒園後も放課後に通学可能な小学生クラスを開校しています。小学校に進学すると環境の変化で英語を忘れてしまいがちですが、英語教育が始まる小学校3年生まで、通い慣れたファンシャインアカデミーでしっかりサポートしていきます。

少しでも興味を持っていただけたら、お気軽にご見学や無料体験にお越しください。

 

PAGE TOP