お知らせ

One day without Shoes-TOMS

FunShine Academyの代表である早川真由美は「自由の精神」を愛しています。子供の自由の精神は本当に素晴らしく、尊敬に値します!

私は、宗教や民族、金銭、政治的信念、性別の名のもとに行われている全ての差別、暴力、戦争に反対です。そして、人権保護の為に戦う世界中の人々を賞賛し、応援しています。昨今、世界中で起きている経済的なパワーや政治的な圧力による操作されで隠されたニュースや物語を、自由に拡散する力を持つインターネットは素晴らしいと思います。(FunShine Academyも広告宣伝や媒体を通してではなくインターネットを中心にさまざな情報を発信しています)

この地球とすべての生き物を尊敬していますが、私のライフスタイルは矛盾していたりもして時折「グリーン」とは言えない生活を送っていたりするのですが、少なくとも私ができることには限界があることに気付いています。そして、その気付きは少しづつでも小さな改善に向けたステップだと思っています!私には息子がおりますが、彼とその他全ての子ども達に人生という贈り物を楽しんで欲しいと願っており、私たちの地球の未来に希望を持ち続けたいと思っています。そうするのには、私たち一人一人が気付き、そして変わり始めなければいけません。

FunShine Academyの代表として大切な事の一つは、「自由は考えの持ち主でいる」ということだと思います。「心を開き、空っぽにすることで、真実を取り込む」従来の概念に縛られることなく、これからの日本に国際人として必要なこと・・・子どもを出産し、そして教育事業に携わるなかで私にもたらした変化と同じように私がより多くの変化と進化を社会や子ども達に与えたいと思っています。今まで世界中の素晴らしい人々に出会い、様々な事を教わりました。その中で、人生についても多くを学ぶことができ、彼らへの感謝は一生忘れることがありません。

FunShine Academyとしての世界への社会貢献の最初の一歩は先日、ご紹介した「TOMS -one for one」の導入です。これをきっかけにFunShineの子供達にチャリティー活動と地球人としての役割を考えていこうと思っています。

http://tomsshoes.jp

創業者のブレイク・ミコスキーさんが、アルゼンチンに旅行に訪れたとき、多くの労働者が履いていた「アルパルハータ」と、多くの子供たちが貧しさゆえに裸 足の生活を強いられている事実を目にし、靴のビジネスを始めてこの子達に靴を無料で提供しよう、と閃いたものです。一足購入ごとにその売上の一部で、靴必要としている発展途上国の子供たちに一足プレゼントするというTOMS SHOESです。

少し前の事ですが、今年の4月5日に世界共通で行われた “One Day Without Shoes ” !これはTOMSの創立者ブレイクが発案した“裸足で歩こう”!というイベントです。今年で3回目の“One Day Without Shoes ”!

年々このMovementは世界各地に広がっています !

音楽業界からは OneRepublic(ワンレパブリック) !Lenny Kravitz (レニー・クラビッツ)

ファション業界からは Donna Karan(ダナ・キャラン)

そしてセハリウッド女優 Charlize Theron(シャーリーズ・セロン)Gillian Zizger (ジリアン・シンサー)

My name is Mayumi Hayakawa the owner of the FunShine Academy and I’m a free spilt.  I’m agains all the discrimination, violence and wars done in the name of religion, race, money, political faith and sex. I am really admire children’s the free splits.  I admire and support everyone that fights to defend our human rights, everywhere in the World.  I love the Internet for the free diffusion of news and stories ignored by other mass media, mostly manipulated by the economical and political powers.   When I can, I join the fight, in my way. I am a warrior, not a soldier.

I respect the Earth and all its creatures but I’m  aware that my lifestyle is full of contradictions and that quite often I don’t live a “green” life.  At least, I ‘m a aware of my limits: it is the first step to improvement!  I am full of hope for the future of our Planet because I have a son and I want her and all the Children to fully enjoy the gift of Life. Indeed, we adults have to start changing now!

Therefore our first step as a introduction to the social action program is to wear TOMS shoes as a school shoes.

関連記事

PAGE TOP