お知らせ

Internationalschoolの良い点・悪い点

 

以前のブログ記事ですが、ファンシャインアカデミーを検討されている方にお伝え致したく、創設者・早川のブログを再掲載いたします。参考にしていただければ幸いです。

 


 

ご見学にいらした生徒さんの親御さんから良く聞かれる質問です。

「我が子をインターナショナルスクールに入れるにあたり、両親が全く英語を話せなくても、子供は通うことによって英語が話せるようになりますか?」

ご両親が話せなくてもお子様は話せるようになります。Prepreschoolクラスのように入園がかなり小さい時ならスムーズに適応されると思いますが、年少や年中の年の途中入学の場合は、それまでに英語にしっかりと慣れさせておいてあげないと初の集団生活&突然の英語環境になることでお子さんがなかなか馴染めない場合もあります。

性格的にも外国育ちや外国人のお子さまとは違いますので日本から出ることなく、ずっと日本の中で育ち、ある程度成長してからの移行はお子さんがその違いに戸惑うこともあるようです。
お子さんの性格によっては学校(幼稚園)が本当に嫌になりこの先にも影響を与えてしまうという事もあります。
初めての母子分離で親を離れていく場所はやっぱり楽しい場であって欲しいものです。
小さい頃から英語環境を与え、その上でインターに入園する場合であれば十分にお子さんは話せるようになると思います。
実際、純日本人夫婦で英語分からずでも子どもはインターナショナルスクールで英語を話せるというお子様は多くいらっしゃいます。
例えば、外国に転勤でという場合で日本の幼稚園を与えられない場合などは泣き叫んでも、喚いても、行かせるのだと思いますし、そこには選択肢はないとお子様も悟るのだと思います。

完全なインターナショナルスクールの場合は、親御さんのコミュニケーションの英語は必須になります。また、親御さんが参加してボランティアをすることが必要になってきます。言葉が分からないのでは話せないのでママの輪に入るというのも難しいのではないでしょうか。その点、当スクールは入園に際して保護者の英語力を問いません。インターでは担任の先生が外国人のみであるため、保護者との会話も全て英語になります。お便りなどの配布物も電話連絡も全て英語です。そのため、子どもの体調の異変、心の変化、小さな気づきなどを英語で伝えられた時、それを理解し、自身の考えを英語で返せる程度の英会話力、英語の文書を読み、意味をきちんと理解するだけの英語の読解力が保護者にも求められます。

当スクールでは、外国人講師と日本人講師のペアティーチングにより、日本人の担任がおります。日本人家庭に配布するお便りや、電話連絡などは日本語を使って行います。「子どもを園とご家庭、共に育てる」という視点に立ったとき、この点はとても重要なポイントになるのではないでしょうか。

幼稚園という集団生活だとはいえ、日本で言う集団生活とインターでは大きく違いますので小学校を日本の学校に行かせる場合、整列が出来なかったり、皆で同じ行動をするなどが難しく感じる場合があります。自己表現をしすぎてしまい、浮いてしまうこともあります。その辺は習い事などを通じて補う必要も出てきます。

英語が強く出ると、小学校で「変な言葉・・」とインター出身のお子様や外国人のお子様がさらされるいじめの対象になる可能性も少なくありません。実際、私自身も日本の公立学校に編入した際に辛い経験をしました。
言葉でいえば、細かい表現がきちんと表現できない事もあります。数の読み方(一匹、二匹、一人、二人も一個、二個と表現したり)一般的にお子様が使う言葉の語尾などがおかしくなったりするお子様もいらっしゃいます。日本の学校に将来通わせる予定があるなら日本人と日本語でのきちんとしたコミュニケーションも必要です。

自己表現力が身に付き、いろいろな国の人と小さい時に交わりながら英語が話せ、外国人に対して抵抗がなくなる、勉強もしっかりしているカリキュラムがある、というのは完全英語のインターナショナルスクールの大きなメリットですが、きちんと日本の教育に繋がるベースを築いてあげないと難しい点もあると思います。ファンシャインアカデミーでは、日本で生活していくお子様には、日本人としてのアイデンティティ―文化、道徳心、しつけ、ふるまい方を身につけることもとても重要なことだと考えております。日本の季節行事、伝統、感謝する心、あいさつなど園生活の中で身に付きます。

また、欧米が「個」を大事にするのに対し、日本は「和」を大事にする、と言われるように、ファンシャインアカデミーは子ども達一人ひとりの違いを理解し、個性を尊重することをとても大切にしながら、それと同時に協調性を大事にする日本の感覚も育んでいきたいと考えています。そのため、当スクールの子ども達には、メインプログラムに加え、日本人講師による日本人としての教育や知育をサービスプログラムで行い、欧米と日本の両方の考え方を知り、バランスの取れた感覚を身につけて欲しいと考えています。

関連記事

PAGE TOP