お知らせ

どうして英語を勉強しなきゃいけないの?

グローバル化と言われる今、英語を勉強しなければならない理由におそらく疑いはないと思います。

A) Have you ever thought about why you study English?

B) Not really. Have you?

A) I thought about it the other day….

まず英語について、どれだけ多くの人が話しているか、使っているかご存知ですか?

「英語を話せる人は世界に何億人いるでしょう?」

「アジアの中でTOEFLの成績が一番振るわない国はどこでしょう?」

正解は1問目が15億人、そして、2問目が日本です。

『「使える」英語と「入試で受かる」英語』には、

橋下徹知事は、大阪府内の生徒・児童の英語力向上を目指し「使える英語プロジェクト」を打ち出した。実践的な英語を身につけさせるため、TOEFLなどのスコアを目安とする考えだ

とあるように、TOEFLのことのみならず、

アジア諸国の生徒の英語力が軒並み上昇している中、日本が取り残されているとし「5年から10年以内に日本は世界から駆逐される」とまで言い切る。

とあるように日本の英語力の低さについてもよく耳にします。また、ビジネス界では英語の標準化が進み、「使える英語力」がより求められています。

(※参考イザ!「使える」英語と「入試で受かる」英語 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/localpolicy/509303/

…さて、英語はどうして必要か、ということにグローバル化という背景があるのですが・・・グローバル化を中国語で言うと『全球化』だそうです。つまり、「地球が国を超えて一つになるイメージ」。

また、国内の労働人口減少により、外国から優秀な人材を採用されるようになるようです。

現、小・中学生が就職活動をする頃には、面接官はもしかしたら外国人になっているということが普通になっているかもしれません。

 

●英語を学ぶために、日本語も・・・

「地球語としての英語」を話すには自分の考えを自分の言葉で堂々と話せる事です。とはいえ、知らない言葉が多すぎるのも考えものですね。

いくら英語の能力を磨いても、日本語で言えないことは英語でも説明できない事も少なくありません。日本で育った日本人であれば、きちんと母国語の日本語を学ぶことも大切です。全てはコミュニケーションが基本です。国際化社会においいては、実はそれが英語のスキルよりも自己表現力が重要だと考えています。

キャリア志向じゃない女のお子さん、将来においての成功している方とのお付き合いやご結婚。英語が話せればお相手になる方の国籍の選択肢も広がります。海外赴任もそうですが、そこには必ず『グローバルに成功している』がキーワードになってきます。そのお相手にふさわしいパートナーとしての英語でのコミュニケーション力は必須ではないでしょうか?

また英語力が無くて、日本でしか生きていけないのと、世界中どこでも生きていけるという選択肢があるのとでは全く違う将来が待っています。日本でしか仕事を得られず、日本でしか生活ができなくなる、といった状況になってしまうのはとても悲しいことです。

日本以外で暮らしたことのない人々の中には、日本だけが世界で唯一暮らしやすい場所で、この国以外に暮らしやすい場所などないとおっしゃる方もいらっしゃいますが、そんなことは決してありません。

むしろ、日本よりもはるかに、晴天の日が多く、気候が温暖で、湿気もなく、さわやかで、毎日気持ちよく暮らせる国や地域がたくさんあります。

食べ物も美味しく、人々も気持ちよく、街の各種施設も充実しており、遊び場所もたくさんある快適な都市は世界中にたくさんあります。

また、日本以外の国は治安が悪くて暮らしにくいという偏見を持っている人もいますが、どんな国でも、きちんとした安全対策を講じ、危険な地域に近寄らないようにすれば、それなりに安全に快適にくらせるものです。

「わたしは(この国に生まれたというより)この惑星に生まれたのだ」という感覚を持ちながら生きるほうが、広々とした感じがしませんか?

せっかくこの美しい惑星に生まれたのに、日本という小さな島国だけで一生を終えるのは、もしかしたらもったいないことかもしれません。

 

 

関連記事

PAGE TOP