お知らせ

FunShine Academyの成り立ち・・・

FunShine Academyはどうやってできたのか・・・?

出産後、私自身の息子の英語環境をどう作ってあげるかが当初の私自身の課題でした。

海外で幼少期を過ごし、高校・大学と米国留学した私自分自身の経験から、将来、自分の息子にとって英語環境を整えてあげることはとても重要だと考えており、色々なスクールに見学や体験に行きました。幼児英語教室は週に1回、1時間程度のレッスンを行っているところがほとんどです。

語学を習得するのにたった週に1回通ったと1時間程で、正しい英語を話せるバイリンガルに育てるのはとても難しいのは自分自身の単身の高校からの留学経験で身に染みるほどわかっていました。

長い時間英語に触れさせることの出来る環境があるスクールはどうだろうと、今度は外国人の子どもさんが大半を占める、いわゆる、”International school”にも行ってみました。

しかし、インターナショナルスクールといえば本来、外国人のお子様、もしくは日本人帰国子女などのためのもの というのが一般的です。日本国籍を有し、両親が日本人で、しかも日本語を母国語とする子どもは入学するの はとても難しく、また、実際に入学したとしてもその生活習慣や環境は日本人の子供に とっては「日本人として育成する」部分が無くなってしまい、色々な部分で彼自身に無理が生じるであろうと思ったのです。

私は自分の子供をバイリンガルで広い視野をもった、国際感覚のある子供に育てたいと強く思っておりましたが、けっして、外国人のような子供を育てたいとは思っていなかったので、日本人としての自分(アイデンティティ)をしっかり意識しながら、国際感覚と高い英語力を身に付けることが出来る”インターナショナルスクールを自分でつくろう”と思ったのです。

『日本に暮らす子ども達のためのインターナショナルスクール』

FunShine Academyは普段は英語を話さない環境にいるお子様でも、ご両親が全く英語を話せなくても英語力を問う事なく入園することができ、日本文化もきちんと体験しながら、尚且つ、ネイティブに負けない高い英語力を身に付けることのできる、英語保育園ファンシャインアカデミーインターナショナルプリスクールを設立しました。

しかし、日本人の子供を日本に居ながらにしてバイリンガルに育てるのは簡単なことではありません。外国人と1日いっしょに遊んだからといって英語が簡単に話せるようになるものでもありません。
日本人には日本人にあった、そして子供の年齢に沿った、しっかりとしたカリキュラムが絶対に必要だということを幼児教育の有資格者のネイティブ講師やバイリンガル日本人講師と一緒に、設立当時から『オリジナルカリキュラム』作りに真摯に取り組んできました。 何歳で、何を教えるか。どういったカリキュラムで、どのようなテーマでいくのか・・・独自で議論や研究を重ね、現在のレッスンを完成させています。

関連記事

PAGE TOP