お知らせ

卒園生のための英語クラス Advance English Class

小学生の英語クラスというと、一般的には日常会話や基本表現を覚えて、繰り返し練習、そしてロールプレイをして、、という英語のレッスンです。

Kindyでしっかり英語スキルを付けたFunShineの卒園生には、幼稚園時代の英語能力を保ちながら更にスキルアップできるレッスン・カリキュラムが必要です。なかなか素晴らしい教科書が見つからず、小学一年生の自身の息子の反応も見ながらやっと辿り着いた、「Oxford Discover」 シリーズ。

この教科書は、もともとインターナショナルスクールに通う児童向けに開発されています。

この教科書の素晴らしいところは、Kindyの時に外国人の先生が実践していた、大きなテーマが提示されて、それについて、自分はどう思うかを考えて自分の意見を言うという方法。

レベルは6段階あります。一番難しいレベル「レベル6」

「レベル6」のテキストをみてみると、高1レベルの語彙も結構あり、構文もそれなりに難度が高いけれど、きっとFunShineの卒園生であれば問題ありません。

例えば、ユニット11~12のテーマは、

“Why do we record history?”

流れは、watch→ learn→ read→ write→ createです。

DSCN0302

 

unit11と12では、

[watch]歴史についてのビデオや写真を参考に[learn]どうして歴史を記録することが大切なのかを学び、それに関連する単語や基本表現を学習し、同じことを体験しても、人によって表現が違ったり同じだったりすることについて、具体的に自分の考えを話す時間があります。そして[read]関連するお話を読み、考え、理解を進め、文法も学び、コミュニケーション能力を高めるワークを行う流れになっています。

DSCN0303DSCN0305DSCN0306

 

unit12

基本表現と単語の導入後、短文読解と、質問に対する回答を考え、関連する話を読み、その物語についての考察をし、文法を学びコミュニケーション能力を高めるワークをしながら(unit12)、自分で文章をつくり、[make]memory wallをつくってみる。

ユニット11と12で大きな1つのテーマを学習します。

Advance ClassではOxford Discover レベル1からスタートしますが、 基本的な流れは、レベル1からレベル6まで同じスタイルです。

最初のOxford Discover レベル1も基本的な流れは、レベル1からレベル6まで同じスタイルです。

「レベル1」は、ユニットが18まであって、2つのユニットで1つのテーマを学習していくようになっています。

流れは、watch → learn → read → write → create

下の写真は、ユニット5の最初のページです。

このユニットのテーマ ”BIG QUESTION” は、“Where do animals live?”となっています。

unit5と6では、上の写真のページをみたり、ビデオをみて、この鳥は何の鳥か、どこに住んでいると思うか、について話し合ったり

動物に関する単語で知っているものについて話したりします。[learn]単語の練習をして、次のページのお話を読む前に、どういう話かについて考えて話す時間があり、[read]動物のすみかについてのお話を読み、考え、理解を進め、文法も学び、コミュニケーション能力を高めるワークを行ないます。

DSCN0314DSCN0315DSCN0316DSCN0317

unit6でも、

基本表現と単語の導入後、短文読解と、質問に対する回答を考え、面白そうなお話を読み、物語についての考察をし、文法を学び、[write]自分で文章をつくり、[make]動物に関する本をつくります。

DSCN0318DSCN0319DSCN0320DSCN0322

3月1日にAdvance Classの体験レッスンを開催します!

ぜひ皆さん参加してください。

 

 

関連記事

PAGE TOP