インターナショナルプリスクール FunShine Academy


 MAP
Kindergarten
Elementary School
Study Abroad
Blog
Home
ConceptProgramAccessFAQ
HOME > お知らせ
お知らせ
英語は楽しい!?―小学生から始める英語―
2011年02月25日(金)12時09分

小学校英語を始めるには、「英語は楽しい」、「英語はおもしろい」、「英語が好き」になるようにするのがもちろん、一番良いと思います。

これを実現するため、ゲームや歌や、振り付けをつけた動作を交えてなど、いろいろ工夫をこらした教え方が研究され、実践されています。ところが、低学年のお子様にはもちろん良いのですが、高学年のお子様は、なかなか生徒さんがそういう流れに乗ってくれない事もあるように思います。

アメリカへの高校留学時代(Brewster Academy)にお世話になったESL(英語を母国語としない生徒のための英語クラス)の専門家Dougrass先生が次のように話していました。

「外国語を始めて学ぶには、楽しく学ぶことも、もちろん大切です。しかし、楽しさばかりを強調していては、本当の楽しさは味わえません。苦痛にも耐えながら、やがて何かを会得し、やり遂げたときにこそ生徒はとても深い達成感を味わえるのではないでしょうか。最初から楽しいところから入ろうとすると、飽きがくるのも早いものです。楽しさだけではない、本物の楽しさを教えることが、教育だと思います。そして、子どもたちも、実は本物の楽しさを求めていると思います。」

まさしく、ファンシャインアカデミーではJed先生を中心に、英語の「音」「リズム」に興味を持たせながら、スピード、テンポ、タイミングを取得することでお子様が英語を学ぶ楽しさを実感し、言いたい英語が言えるようになるというステップで授業を行っています。小学校英語では歌を歌う事を中心としていません。歌を歌わずとも、初めて英語を学ぶお子様には「英語」そのものが音楽なのです。

英語をキッカケに達成感を味わう事で自信が付き、お子様に「本物の楽しさ」を与えることをでもっともっとお子様の中に眠っている色々な可能性が出てくるのではないでしょうか?

私達、スタッフは目の前の子どもたちの、学ぶことを楽しんでる元気な顔を一番大切にしています♪


カテゴリー: 教育について
 
褒めて育てる―幼児教育
2011年02月21日(月)03時38分

 ファンシャインアカデミーの教育モットーに

とあります。

そこで、今日は褒めることでしか成長しないDolphine(イルカ)に関する興味深いお話をしようと思います。イルカは、人間と同じくらいの脳の大きさがあると言われています。しかし、論理脳がほとんど発達していないので“感性で生きている”動物です。イルカに芸を教えるトレーナーの方からこんなお話がありました。

イルカが失敗したときに「今のは、ダメだよ」というネガティブなメッセージを送ると度々失敗するイルカになってしまうそうです。それでは失敗したときどうするかというと“今のは、たまたま見ていなかったよ”とそっぽを向いて見て見ないふりをするそうです。そして、うまくできたときには、きちんと認めてほめてあげることだそうです。

人間も幼児期は論理脳が十分には発達していませんので、脳の状態からみると感性脳中心のイルカにとても近いといえます。サイコロジカルリミット理論からもわかるように「だめだ」と言われるとダメな気持ちが勝ってしまうというわけなのです。
教育の語源は、ラテン語で“引き出す”という意味です。 「好き」や「楽しい」、「できた」をたくさん引き出してあげること。

人間は自ら学ぶ力を持っており、その力を引き出す場所をママやパパが与えてあげることで本来持っている100%の力を生み出すことができるのではないでしょうか? 


カテゴリー: 教育について
 
節分豆まき―bean-scattering ceremonyー
2011年02月04日(金)02時41分

日本の文化・行事も大切にしている当アカデミーでは2月3日に節分の豆まき行事を行いました。

2月のクラフトで作成したそれぞれの鬼のお面をかぶって豆まきをしました。初めて豆まきに挑戦したお友達がほとんどだったので、最初は「ポイっ」という感じで投げていたのですが、だんだん慣れてきて、鬼に扮したJed先生目がけて上手にできました☆

「鬼は外~!!」「Go away Devil!」と元気に叫びながら、とても楽しく豆まきをしていたpreschoolクラスのみんなでした。


カテゴリー: クラスの様子
 
子育て英語―おうちで編
2011年01月24日(月)03時10分

1歳の私の息子は、最近とにかく”ギャング”のようないたずらっぷりを発揮していますっ。

そこで、今日は注意の表現をいくつかご紹介します♪

先日、家の鍵を持ってコンセントに鍵を差し込もうとしていました!

  • Don’t touch the outlet. 「コンセントに触っちゃだめ」
     ドンッ タッチ ディ アウトレット

「コンセント」はoutlet(アウトレット)、コードのはplug(プラグ)、差込口はsocket(ソケット)です。

しかけ絵本のFlipFlopを破いてしまい・・・セロテープで修正してもすぐ剥がされてしまいました。

  •  Don’t tear the book. 「本をやぶらないで」
     ドンッ テア ザ ブック

Don’t tear the page.とも言います。

かわいい動物の絵などを見せると喜びます。どの動物の鳴き声も「Woff Woff」になってしまいますが・・・。読んで欲しい本を持ってきてリクエストをしてくるのですが、読み始めると違うページを勝手にめくってしまいます・・・。最近の彼のお気に入りは犬の「Spot」シリーズです☆


カテゴリー: 英語のワンポイントアドバイス
 
FunShine Homework CLUB―学童クラブ2011年2月よりスタート―
2011年01月21日(金)03時13分

英語の学童保育をスタートします♪

おこさまが安心して過ごすことができる英語での放課後環境をご提供。

バイリンガル講師とネイティブ講師のもと、国際力、表現力を養います。

1回からのご利用が可能です。(事前にご予約ください)

また、通常の小学生英語クラス(Kids class)も受講することが可能です。(別途お申込みが必要です)

ご利用時間:

14:30~18:00

料金:

入会金: 10,500円

1回: 2,750円 

登校日:

月~金

対象年齢:

小学生

プログラム:

FunShine Home Work CLUBでは

おこさまの自らの興味を伸ばします

異文化体験や語学力を養います

見て・触れて・体験する環境を提供します

筋道をたててじっくり考える力を育てます

おこさまや先生とのディスカッションを通じて社会性や表現力を育てます

*詳しくはお問合せください


カテゴリー: 新プログラムのご紹介
 

 
サイトマップ
コンセプト&特徴プログラム・料金幼稚園小学生留学制度ブログ会社概要FAQアクセスお問い合わせHOME



東京都 豊島区 東池袋4-41-24 東池袋センタービル9階 電話 03-6912-6912 Fax:03-6912-6911
Copyright (C) 2010-2012 Funshine Academy All rights reserved. Designed by TARO HOSOKAWA

お問い合わせ