インターナショナルプリスクール FunShine Academy


 MAP
Kindergarten
Elementary School
Study Abroad
Blog
Home
ConceptProgramAccessFAQ
HOME > イベント・インフォメーション
イベント・インフォメーション

Category : Teacher’s blog

自分の国・文化を知るのことの大切さ
2017年04月28日(金)10時34分

FunShineを卒業した後の進路は?

インターナショナルスクール?もしくは日本の小学校?で迷われる親御さんが多いです。私は「どちらもチャレンジしましょう。」とお答えしています。ご家庭の教育方針によって選択は様々ではありますが、お父様はインターナショナルスクールに行かせたい、お母様はお受験を考えたいなどなど・・・。

お子様をどちらに進ませるべきか悩まれる事が多いようです。

もし、インターナショナルスクールをお考えのご家庭で、小学校から全部英語だけの生活をお考えのご家庭の場合。完全英語のインターナショナルスクールにお子様を通学させる際には、インターナショナルスクールの校長先生から「母国語である日本語の習得は基本的には諦めてください。」と言われた事があります。

主たる言語が英語になるので日本語は第二ヶ国語として習得する事になります。日本語の習得はそこまで重要ではない、とお考えのご家庭であればそのまま小学校・中学校・高校・大学と海外の学校に進学になるでしょうか。私の知り合いのお子様も日本語の習得については、習い事として学習塾に平日通っていました。やはり、聞くことはできても、話す言葉、読み書き、漢字などは+アルファが必要になってきます。日本語の習得をしっかりやっておかないと、将来は母国語が第二言語の「日本人」という事になります。

では、日本の小学校に進学した場合。

今までの英語がもったいない、せっかくここまでやってきたのに・・・と不安になられる親御さんも多くいらっしゃいます。しかし、答えは「心配ありません。」

幼児期に身につけた英語は完全に『0ゼロ』にはなりません。ファンシャインで楽しかった、英語で話ししていた、勉強していた経験がお子様の成功体験として染み付いているのでネガティブな気持ちが一切ない状態でいつでも英語の環境にスムーズに入る事ができます。

すなわち、時期が来たときに留学する、もしくは英語の環境の学校に進学するのが良いと思っています。

実際、私も幼少期から小学校まではシンガポールで暮らしておりましたが、幼稚園は現地のインターナショナルスクールに行き、小学校は日本人学校に進学しましたが幼稚園時代の英語の経験は私の中でずっと「英語が好き」を持続させてくれました。

中学校は日本に帰国して日本で卒業しましたが、幼少期の「英語が好き」がいつの間にか「アメリカに留学したい」に変わっていました。私の中学3年生の担任の先生は、現在ファンシャインでお手伝いをして頂いている私の恩師である板倉先生なのですが、進路相談については先生を悩ませました。

日本の高校もいくつか視野に入れてはいましたが、気持ちは完全に海外に向いていました。授業中に空を見ながら「アメリカの空はもっと青いのかな?学校生活はどんななのかな?アメリカ人の彼氏とかできちゃうかな?ムフフ」などなど。周りの同級生が受験勉強で必死な時期でも、私は「早くアメリカ行きたいなぁ」としか考えていませんでした。

両親に留学したい希望を伝えると、もちろん一筋縄では行かないわけで・・いろいろ紆余曲折ありましたが、17歳になる夏に渡米しました。留学までの経緯は以前のブログでお伝えした通りです。http://funshine-eng.com/teacher_1712

留学は、人生においてとても大切な糧になったと思います。

日本と海外の架け橋になりたいと思っていた私ですが、留学して自分が変わらなければいけないと言うことを沢山学びました。

留学の真の意味は、自分の慣れ親しんだ世界の垣根を越えて、違う言葉、違う文化、違う社会に触れること。そういった経験を積むことが成功の鍵となりつつあります。

留学経験は自分一人の未来を変えるだけではなく、自身を取り巻く世界の将来を新しい方向に導きます。

そして、海外に行ってとても大切な事は英語が話せるか、ではなく「自分の国・文化」について自分の言葉で話せるか?です。

Mayumi Hayakawa

日本人宇宙飛行士の山崎さんのインタビュー動画があるので、ぜひご覧ください。

https://americancenterjapan.com/abroaderview/yamazaki-naoko/

山崎 直子さん

1970年千葉県松戸市生まれ。東京大学工学部航空学科卒業、米国メリーランド州立大学へ留学。
その後 東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻修士課程を修了し、宇宙開発事業団(現・宇宙航空研究開発機構、JAXA)に入社。
1999年、宇宙飛行士候補に選ばれ訓練開始。2010年4月、米スペースシャトル「ディスカバリー」に搭乗し、国際宇宙ステーション組立・補給ミッションに従事した。
現在、宇宙政策委員会委員、日本宇宙少年団(YAC)アドバイザーなど。
「astronot」の画像検索結果

カテゴリー: FunShine Academyからのお知らせ, Teacher's blog, 教育について | コメントする
 
成長に必要な睡眠時間は何時間?
2017年04月24日(月)01時27分

At what time should your child go to bed?

「寝る子は育つ。」と昔から言われているように、安定した睡眠時間を確保することは子供の成長に不可欠なものです。ファンシャインでも、授業中にとても眠そうにしているお子さんもいて、十分な睡眠時間が取れているかな?と心配しています。私も、息子に向かって「早く寝なさい!しっかり寝ないと大きくなれないよ」と眉間に皺を寄せて毎晩繰り返して言っていますが、なかなか理想通りにはいかないものですね。

お子さんの睡眠時間は実際、どのくらいが適切なのでしょうか?

 

充分な睡眠をとることが子供の体に与える影響

近年では夜の睡眠時間が少なくない生活スタイルの子供が多いと言われています。幼児期のお子さんでも大人時間に合わせて夜遅くまで起きていることが多いようです。ちなみに、私は小学校4年生まで、就寝時間は夜7時半でした。唯一土曜日だけ、8時のドリフスターズを観た後に寝ることが許されていました。(我が家は父が”ドリフ派”だったので、ひょうきん族を観る事は許されませんでした・・・友達との会話に付いていけなかった事を思い出します。)

日中活発に動いている小さな子供には、夜に充分眠って疲れを取ることが必要です。また、夜眠っている間に成長に不可欠な成長ホルモン(GH)が分泌されます。

睡眠時間が不足すると、この大切な成長ホルモンが分泌される時間も少なくなります。

 

寝ている間に子供の脳から成長ホルモンが分泌されます

夜の睡眠中には子供の脳から成長ホルモンが分泌されています。これは子供の体を成長させるために必要な物質で、小さなうちからの生活リズムを整える必要があります。

成長ホルモンは子供が眠っている間の21~23時に作られ、22~翌2時の間に最も分泌量が増えます。この時間帯には、眠りに入っていることが必要になります。

特に成長ホルモンは睡眠に入ってから2時間後に大量に分泌されるので、逆算すると遅くても夜9時までには布団に入って寝る準備をしたいものです。

具体的には幼児の骨の軟骨細胞の分裂を促して、骨を伸ばし身長を伸ばしていく働きをになっています。夜よく眠ること骨が強くなり体がしっかりしていくのです。

夜にしっかり睡眠を取るという生活スタイルが身についていないと、逆に体を強く作る働きが阻害される悪影響が心配されます。

よく眠ることで生活習慣病の予防も

また成長ホルモンにはタンパク質を合成して筋力をつけるという効果もあります。筋力がしっかりしてくると炭水化物や糖質の代謝を促進してくれます。

良質な睡眠を得て成長ホルモンがしっかりと分泌されてると、肝臓でで糖分を分解する働きを促し血糖値を一定に保ってくれます。

 

疲れをとって体の抵抗力を高めます

 

代謝が活発になることによって、運動や外界からの刺激によって傷ついた体の組織を修復する作用もあります。

人間が活動するためにはエネルギーが必要です。睡眠は無駄な動きを抑えて新陳代謝を減らしエネルギーを節約する働きがあります。睡眠は、人間が心身ともに健康な状態を保つために欠かせないものなのです 。

大人でもしっかり眠らないと一日の疲れがとれなくて次の日が辛いですから、同じように子供もしっかり睡眠を取ることがとても大切です。

疲れを取る、傷ついた体の組織を治すということを通じて体力の備わった病気や怪我に負けない強い子供になります。

知能の発達や集中力を高めてくれる効果もあります

成長ホルモンの分泌がしっかり行われていると、脳の疲労も回復することができます。夜しっかり寝るためにはリラックスしていることが不可欠ですよね。夜リラックスする時間が取れるようになると、成長ホルモンもしっかり分泌されます。

それにより脳が日中の疲れを癒し、集中力・記憶力・知能の発達を高める効果を期待出来るようになるのです。

また睡眠時間をしっかり取っていられる小学生ほど、学力が高いという研究データも出ているようです。

広島県教育委員会の「平成十五年度『基礎・基本』定着状況調査報告書」で
興味深いことが分かった。
小学五年生で、国語、算数とも五時間、六時間と睡眠時闘が長くなるにつれて
児童の成績がアップし七時間以上十時間未満で最良になるが、
それ以上寝ると再び成績が下がっていたのだ
興味深いことが分かった。

このように幼児期から学童期にかけて、夜の睡眠時間をきちんと取れるようになっていると様々なメリットが期待できるのです。

年齢別で考える理想的な睡眠時間

乳児期を経て幼児期、学童期へと順に大きくなっていく子供ですが、それぞれの時期にどれだけ睡眠時間をとることが理想なのでしょうか。

睡眠時間や生活習慣には個人差が大きいので、うちはなかなか寝ないで困る、うちは寝てばっかりで心配、と親御さんの悩みもそれぞれですね。

生まれてすぐの頃から体が活発に動き出す3.4歳、それを通して小学校に入る頃にはどのくらい睡眠時間を取ればいいのでしょうか。

 

【生後2ヶ月頃まで】トータルで14時間~15時間ほど

この時期の赤ちゃんは新生児期と言って一日のほとんどを眠って過ごします。お腹がすいておっぱいやミルクをもらうと、そのまま寝てしまうことが多いでしょう。

ママのお腹から外に出てきた赤ちゃんは夜や昼の区別がありません。お腹の中ではずっと眠っていたのですからその感覚もまだ抜けないのでしょうね。

生後1.2月の赤ちゃんの睡眠時間は14時間から15時間と言われています。授乳のタイミングが2~3時間置きでその間ずっと寝ているとしたら妥当と言えるでしょう。

【乳児期を過ぎて1歳を迎える頃】理想の睡眠時間は11~13時間程度

生後6ヶ月から1歳に近づく頃には、赤ちゃんにも体内時計が作られて夜と昼の区別がつくようになってきます。この頃から夜まとめて眠ることも多くなってくるようです。

でもまだそれだけでは睡眠が足りないので、日中のお昼寝も必要になってきますね。この頃の理想の睡眠時間は11時間~13時間と言われています。

まだまだ一日の半分近くを寝ていることになるでしょう。朝昼に2時間程のお昼寝、それから夜の就寝時間が夜9時~朝7時だとすると11時間になります。

ですので1歳になるころまでには、日中に2回のお昼寝を取り入れていくことが必要だと考えられます。

【活発に動き始める3.4歳~6歳頃】11~12時間の睡眠時間が必要!

3歳頃からは幼稚園や保育園に行き始めるお子さんも増えてきて、日中の活動時間が長くなってくると思いますが、その分睡眠の深くなっていきます。

赤ちゃんのころは眠りが浅くて直ぐに起きていたので、長く睡眠時間を取ることも必要だったのですがその点が改善されてきます。

この時期に必要な睡眠時間は11時間~12時間です。やはり日中のお昼寝の時間を確保しつつ、夜早いうちから朝7時頃までの睡眠が理想的と言えるでしょう。

【小学校以降】参考までに!10時間ほどの睡眠を取るのが理想

幼稚園、保育園でも活発に活動していたお子さんも、小学校に入ると自分で歩いて登校することが多くなるでしょうから、なお体力の消費が激しくなっていきます。

中には学校が遠くなってしまって、今まで7時に起きていたものが6時に起きなくてはならなくなったりすることもあります。

このように体力的にも辛くなってくる年代ですから睡眠時間はまだまだ10時間ほどは確保しておきたいものです。

朝の6時に起きなければならない場合は夜8時には寝る準備を整えて、布団に入っておく習慣を身に付けておきたいものです。

理想的な睡眠をとるために家庭で気をつけてあげたいこと

睡眠の習慣をしっかりと身につけることはなかなか大変です。寝つきの悪い子供もいますし、体を動かさないからなかなか寝ようとしない子もいます。

小さいうちからの睡眠リズムを確立するためには、家庭のママやパパにどんなことを気にしてあげることが必要なのでしょうか。

睡眠リズムを確立するためのポイント

  • 早寝早起きを心がける
  • 休みの日も同じ生活リズムで早寝早起きを心がける
  • 一日の最後の食事に気をつける

詳しく見ていきましょう。

安定した睡眠のための早寝早起き

「毎日決まった時間に起き、決まった時間に寝る」これは小さな子供さんの生活の理想です。

子供は寝なさい!といってもなかなか聞いてくれません。結局寝る時間も遅くなって必然的に起きる時間も遅くなってしまいます。

夜寝る時間が遅く朝起きる時間が遅いことが、質の良い睡眠を妨げる一番の原因になっています。

また、海外でも子どもの睡眠時間については下記の記事がありますので、ぜひご覧になってください。起床時間(wake-up time)に合わせて、年齢に応じた必要睡眠時間が記載されています。

例:午前6:30に起床したい、5歳児のお子さんは午後7時15分には就寝する必要があります。

http://www.housebeautiful.com/lifestyle/kids-pets/a4310/viral-bedtime-chart/?src=socialflowFB

Mayumi Hayakawa


カテゴリー: Teacher's blog | コメントする
 
世界で活躍できる「人」Global citizen
2017年04月18日(火)12時00分

入学式から2週間が経ち、初めての事に興味深々な子どもたち。朝のルーティンもサークルタイムもすっかり慣れてきたようで、子どもの吸収力には日々驚かされています。

Funshine Academyでは国際的合意を形成する上で必要な共通言語である『英語』と母国語である『日本語』の両言語を身につけさせるバイリンガル教育プログラムを通して、国際的に活躍できる人材の育成を目指しています。

 

グローバル社会における未来の「グローバルに活躍できる人」を育成する「Active Learning」の手法に加え、21st Century Education-自分の頭で考え、行動するという思考性とスキルを身に付け、自分自身の強みをしっかり見出し、それぞれの道を歩むことにポジティブになれる授業を行っています。

グローバルに活躍できる人とはいったいどんな人でしょうか?

先日、GACKTさんがマレーシアに移住して5年になり、多様性とはどんな事かをテレビで話していました。マレーシアはアジアにおける他民族国家です。そこで暮らしていく中で求められる多様性。型にはまった考え方では生き抜けないこと、また、日本人は自分がお願いしたい事や、お伺いした事に対して相手から「No」と言われた時にそれに対して柔軟な答えや対応を持ち合わせていない事についても触れていていました。

 

さて、そのマレーシアの隣にある日本の淡路島程の面積の小さな国、シンガポール。2015年に建国50周年を迎え、経済発展著しく、今や日本を凌ぐ「アジアのエリート」を輩出しています。

私も幼少期から小学校までの8年間を過ごしました。その頃は、まだまだ力が無かったシンガポールですが、他民族の中で幼少期・小学校時代を過ごした8年が私のベースを創ったといっても過言ではありません。

日本とのシンガポール幼児教育の一番大きな違いがあります。その違いは、”自分の考えを表現する”事です。

英語などの第二言語は、道具(ツール)であって、その道具を使って何をするか? つまり何を伝えるのか? というところに最大の重きが置かれています。

決められた正解を求める、ということではなく、自分の考える正解を、どのようにして伝えると、みんなに伝わるか?また、納得してもらえるか?自分の意見、そして、それを相手に伝えること。

民族も、宗教も、バックグランドも、価値観も全て異なる人に、どうしたら伝わるのか?

 

今後、ますますグローバル化して、複雑になる社会に、あなたは何ができますか? これを考えることが徹底して行われます。

グローバルシチズンとして、かなり幼い頃から、Show&Tellという、例えば、自分の作ったものをみんなに発表する、といったことを行います。

経済開発協力機構(OECD)が行っている世界の学習調達度調査では、近年、シンガポールは日本を上回る目覚ましい成績を残しています。(もちろん、これはある一つの指標にしかすぎません。)こうした指標が全面的に正しいとは決して思わないのですが、指標の変化を見てみると、日本の学力が相対的に下がっています。

 

逆にシンガポールはすべての項目で、世界トップになりつつあります。

世界的投資家、ジム・ロジャースさん。世界一周を2回も行い、世界の隅々まで自分の目で見て周った大冒険投資家とも言われています。彼は子どもの教育を考えて、2007年にシンガポールに移住しています。

シンガポールのローカル紙に掲載されていた言葉を下記、引用します。

 

「子どもたちが親と同じ年頃になる時には、彼らをとりまく世界と価値観は必ず変容している。その変化を具体的に想像し、それに備えて知識や経験を蓄えていく必要がある。」−2014 年 投資家  Rogers Holdings 会長 Jim Rogers(ジム・ロジャース) 氏

 

ご自身の2人の娘さんは、マンダリンと英語を完璧に話し、シンガポールのエリート中学に通っています。グローバルシチズンとして、今後の世界で生きていくためには、まず道具としての英語、そして中国語が必要だ、という判断です。そして、世界をリードする人、情報が集まる地に、子どもの時から身を置いて、肌でそれを感じる環境が必要だ、ということでしょう。

 

グローバルシチズンとして世界で生きていくためには、今後、何が必要でしょうか?

 

子どもの教育の問題ではなく、これからの時代をグローバルシチズンとして、どう生きるのか?という大人の問題でもあります。

 

現の日本の教育は、「20世紀型の教育」が明治以来100年以上にわたり続いています。

「20世紀型の教育」とは、一言で言うと「正解主義」を重んじた教育と言えるでしょう。

正しい答えを求めることが最も重要で、途中のプロセスはあまり重視されていなかったような気がします。

過去の知識や経験がそのまま社会で通用したので、それで十分だったのかもしれません。

しかし、時代は変わっています。

 

過去の知識や経験だけで解決することは困難になっています。

それにもかかわらず、20世紀型の教育という与えられた枠の中で考える傾向が教育界には未だに根強く残っていると感じます。

 

日本における子どもの「英語力」と「考える力」は今後、日本の教育における大きな課題の一つです。日本人である事がアドバンテージで無くなった現在、もう既に世界に誇れる「日本の教育」では無くなっています。現在のカクイツ的な従来の標準化、マニュアル化の教育、そして、親御さんの子どもの成功の定義が「有名大学の受験の成功」や、「一流企業の就職」が基準になる教育ではなく、益々発展するシンガポールを始めとした近隣アジア諸国の中の一員としてグローバルシチズンを目指す教育が必要です。

 

グローバル化が進んでいる今日、人と議論し対話をする中で自分の考えを表現できるようにならなければなりません。

それぞれの価値感、さまざまな民族、そして文化を受け入れ、問題を共有しながらアイディアを出し合って課題を解決することが求められているのではないかと思います。

Mayumi Hayakawa

「global citizen」の画像検索結果


カテゴリー: Teacher's blog | コメントする
 
1 / 11

 
サイトマップ
コンセプト&特徴プログラム・料金幼稚園小学生留学制度ブログ会社概要FAQアクセスお問い合わせHOME



東京都 豊島区 東池袋4-41-24 東池袋センタービル9階 電話 03-6912-6912 Fax:03-6912-6911
Copyright (C) 2010-2012 Funshine Academy All rights reserved. Designed by TARO HOSOKAWA

お問い合わせ