インターナショナルプリスクール FunShine Academy


 MAP
Kindergarten
Elementary School
Study Abroad
Blog
Home
ConceptProgramAccessFAQ
HOME > イベント・インフォメーション
イベント・インフォメーション
私立中学の入試問題に「英語」!?
2012年05月28日(月)12時17分

昨年から正式にスタートした小学校英語必修化。日本では小学校英語必修化は歴史上初めてのことですから、不満や改善点が出てくるのは当然で、現場の意見も吸い上げながら改善されるとは思うのですが実際はどうなのでしょうか。

小学校英語の実施を全国レベルで考えると、外国人講師が確保できない地域、民間英語指導者の確保が困難な地域もあり、義務教育といえども、指導者整備についてはかなり不平等な環境にあるようです。

2013年からは高校英語の授業が全て英語で行われるようになるそうです。

これも最初の数年、現場は混乱するとは思いますが、いずれ教師も淘汰され、デジタル教材も充実し、高校英語も徐々に定着していくでしょう。英語に関しては、いずれ「大学入試」のありかたもきっと大きく変わるのではないでしょうか。各大学でSpeakingテストを実施するのは困難なので、TOEICや英検に代わる「高校生の実用的な英語力を総合的に判定する新たな統一試験」へ進む可能性がありそうです。

つまり、個々の大学では英語の試験は実施しなくなる可能性があります。

そして、高校の英語の授業が英語で成立するよう、中学の英語の改善が必然的に求められていきます

更に、小学校英語は「必修」ではなく、いずれ「教科」となるのではないかと思っています。

そうなれば私立中学の入試問題に英語が付加されます。

これらの制度改革がいつ完了するかは明らかではありませんが、今から10数年後にはこうした状況になっていると思われます。実業界からの強い要望だけでなく、国も「日本人の英語力は国力に関わる」とはっきり認識しています。

そして、

高校生の進路選択に関する調査「進学センサス2011」(リクルート発刊)によると、費用が高く英語が苦手ため、留学したくない高校生の現状が明らかになりました。調査は2011年3月に高校を卒業し、大学に進学した男女約7,500人の回答を集計したものです。

今年から新たに高校3年生の留学意向を聞いています。海外に留学したいかと尋ねたところ、最も留学意向が高かったのは文系女子で、最も低かったのは理系男子でした。文系より理系のほうが留学意向は低く、理系の留学したくない理由の1位は「英語が苦手だから」。未来の研究・技術開発を担う理系、特に理系男子の留学意向の低さは、グローバル化への懸念材料だと、同社は警笛を鳴らしています。

前にもここで触れましたが、ここ数年日本人の留学生が年々減少しています。それに対して、中国、韓国の留学生は年々増加傾向にあります。

リーマンショック以降、確かに不景気が続き、社会不安が蔓延しているので、費用面も含め留学は難しくなっているとは思いますし、留学さえすれば輝かしい未来が保証されるほど甘くはありません。結局はすべて本人次第です。本人が明確な目的意識をもって留学し、一生懸命努力したならば、必ずや人生は変わると思います。

しかしながら、こうした日本人の留学者数の減少傾向が続けば、小学校英語も含め、中国、韓国にますます大きな差をつけられることは明らかです。国力に関わってくると思っています。

今回のリクルートの調査では、予想通り、留学志望者は文系女子に目立つという結果が出ていますが、グローバル社会において実際に最も英語を必要とするのは、理系の技術者、研究者です。あるいは、スポーツの世界で将来世界的に活躍したい若者も早期から英語を意識した方が良いのではないでしょうか。今やサッカー界においては、日本人選手の活躍は目を見張るものがあります。

先程にも述べたように2013年から高校では、英語の授業を英語で行うことが決定しています。成果が見えてくるまでには年月がかかるでしょうし、これに呼応して大学入試の英語も新たな方向が打ち出されてくるでしょう。悪いことではありません。

しかし、英語教育においては、生徒一人一人が将来の人生を考えるときに、英語の必要性を考えさせるアプローチがもっとあっていいと思います。

少なくとも高校生になったら、学校教科の得意、不得意で文系、理系を決めるのではなく、どういう方向に進みたいのか、その際何が自分に必要になってくるのか、そのためには何を克服しなければならないかという順序で物事を考えることが将来を決めるのに必要なことになるのではないかと思います。


カテゴリー: Teacher's blog, 教育について
 
Chikakoのファンシャイン日記~kinder 幼稚園~
2012年05月25日(金)05時09分

~体育lesson~

毎週水曜日はカワイ体操教室からなな先生がきてくれています。

始めは一列に並ぶのもできなかったのに今では先生の合図でしっかり並ぶ事が出来るようになりました。

始めて一列に並べた瞬間をパチリ!感動です!!

 

今月は鉄棒と縄跳び。みんなが大好きな鉄棒!しっかり持ち方を教えてもらってぶらん。

縄跳びでは自分の縄跳びを手にみんな嬉しそう♪はやく前跳びができるようにまずは縄に慣れる練習です。

 

~始めての遠足in飛鳥山公園~

はじめての遠足に飛鳥山公園にいってきました。ファンシャインから出発!

「No car!!」と交通ルールを確認しながら駅までLet’s go!!

  

公園に着くとJed先生と一緒に遊具で思いっきり遊び…散策をしてNaturecraftTime

  

みんなで「Park man★」をつくりました。とてもかわいく個性あふれる作品ができました!

  

その後は「Park man」と共にlunch Time!

 

みんな楽しかったかな??

 


カテゴリー: Teacher's blog, クラスの様子
 
2013年度 幼稚園(KinderClass)入園説明会
2012年05月22日(火)11時18分

FunShine AcademyのKindergartenクラスは、園の様子をお知りになりたい方、お子さまの入園に関心がある方、入園されるお子様がいらっしゃらなくても、園の授業内容、園の様子に関心がある方に、年に数回、入園説明会を開いて当園の様子についてお話させていただいております。

入園を検討される方は、必ず入園説明会にご参加ください。

また、実際の授業の様子をご覧になりたい方は随時見学会を行っておりますのでお電話にてご予約ください。

(毎週水曜日は日本語の授業になりますので、英語の授業のご見学希望の方は月・火・金にてご予約ください。)

 

開催日:6月22日(金)・ 7月19日(木) ・ 9月14(金)

時 間 :各日 14:30~15:30

場 所 :FunShine Academyにて

(参加には、事前に申し込みが必要です。)

*お電話、もしくはホームページのお問合せフォームにてご予約ください。

お話の内容:FunShineAcademyの保育内容、諸費用、入園までの流れについてなど

参 加 費 :無料です。但し、資料代(入園案内)として300円を申し受けます。

 


カテゴリー: FunShine Academyからのお知らせ
 
どうして英語を勉強しなきゃいけないの?
2012年05月15日(火)01時39分

グローバル化と言われる今、英語を勉強しなければならない理由におそらく疑いはないと思います。

A) Have you ever thought about why you study English?

B) Not really. Have you?

A) I thought about it the other day….

まず英語について、どれだけ多くの人が話しているか、使っているかご存知ですか?

「英語を話せる人は世界に何億人いるでしょう?」

「アジアの中でTOEFLの成績が一番振るわない国はどこでしょう?」

正解は1問目が15億人、そして、2問目が日本です。

『「使える」英語と「入試で受かる」英語』には、

橋下徹知事は、大阪府内の生徒・児童の英語力向上を目指し「使える英語プロジェクト」を打ち出した。実践的な英語を身につけさせるため、TOEFLなどのスコアを目安とする考えだ

とあるように、TOEFLのことのみならず、

アジア諸国の生徒の英語力が軒並み上昇している中、日本が取り残されているとし「5年から10年以内に日本は世界から駆逐される」とまで言い切る。

とあるように日本の英語力の低さについてもよく耳にします。また、ビジネス界では英語の標準化が進み、「使える英語力」がより求められています。

(※参考イザ!「使える」英語と「入試で受かる」英語 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/localpolicy/509303/

…さて、英語はどうして必要か、ということにグローバル化という背景があるのですが・・・グローバル化を中国語で言うと『全球化』だそうです。つまり、「地球が国を超えて一つになるイメージ」。

また、国内の労働人口減少により、外国から優秀な人材を採用されるようになるようです。

現、小・中学生が就職活動をする頃には、面接官はもしかしたら外国人になっているということが普通になっているかもしれません。

 

●英語を学ぶために、日本語も・・・

「地球語としての英語」を話すには自分の考えを自分の言葉で堂々と話せる事です。とはいえ、知らない言葉が多すぎるのも考えものですね。

いくら英語の能力を磨いても、日本語で言えないことは英語でも説明できない事も少なくありません。日本で育った日本人であれば、きちんと母国語の日本語を学ぶことも大切です。全てはコミュニケーションが基本です。国際化社会においいては、実はそれが英語のスキルよりも自己表現力が重要だと考えています。

キャリア志向じゃない女のお子さん、将来においての成功している方とのお付き合いやご結婚。英語が話せればお相手になる方の国籍の選択肢も広がります。海外赴任もそうですが、そこには必ず『グローバルに成功している』がキーワードになってきます。そのお相手にふさわしいパートナーとしての英語でのコミュニケーション力は必須ではないでしょうか?

また英語力が無くて、日本でしか生きていけないのと、世界中どこでも生きていけるという選択肢があるのとでは全く違う将来が待っています。日本でしか仕事を得られず、日本でしか生活ができなくなる、といった状況になってしまうのはとても悲しいことです。

日本以外で暮らしたことのない人々の中には、日本だけが世界で唯一暮らしやすい場所で、この国以外に暮らしやすい場所などないとおっしゃる方もいらっしゃいますが、そんなことは決してありません。

むしろ、日本よりもはるかに、晴天の日が多く、気候が温暖で、湿気もなく、さわやかで、毎日気持ちよく暮らせる国や地域がたくさんあります。

食べ物も美味しく、人々も気持ちよく、街の各種施設も充実しており、遊び場所もたくさんある快適な都市は世界中にたくさんあります。

また、日本以外の国は治安が悪くて暮らしにくいという偏見を持っている人もいますが、どんな国でも、きちんとした安全対策を講じ、危険な地域に近寄らないようにすれば、それなりに安全に快適にくらせるものです。

「わたしは(この国に生まれたというより)この惑星に生まれたのだ」という感覚を持ちながら生きるほうが、広々とした感じがしませんか?

せっかくこの美しい惑星に生まれたのに、日本という小さな島国だけで一生を終えるのは、もしかしたらもったいないことかもしれません。

 

 


カテゴリー: FunShine Academyからのお知らせ
 
Chikakoのファンシャイン日記~Circle Time&Pre Class~
2012年05月14日(月)06時48分

毎日Free TimeとCircle Timeは全部のClass一緒の縦割り保育の時間です。

 

みんな集まるとこんなに大きなCircleができてしまいます!

みんなで歌うCirclesongは元気いっぱいです!!

ここからみんな今日のスイッチON!!

 

今日はPresClassをのぞいてみましょう!Pre-Preから進級したお友だちも多く、

親御さんと共の成長が見守れて「こんなにもできるようになったのね」とか「知恵がついたわ」など思いながら見守っております!

  

今月のcraftは折る~Folding~を中心に製作しています。

この日みんなでsandwichづくりできあがると「I like to eat♪」の歌にあわせてパクリ!とても嬉しそうでした!

 

2才くらいになるとお手伝いも大好き!今度はお家で本物のsandwichに挑戦してみてくださいね♪

 


カテゴリー: Teacher's blog, クラスの様子
 
1 / 212

 
サイトマップ
コンセプト&特徴プログラム・料金幼稚園小学生留学制度ブログ会社概要FAQアクセスお問い合わせHOME



東京都 豊島区 東池袋3-23-8宝エステートビル2F 電話 03-6912-6912 携帯 090-6796-8730 Fax:03-6912-6911
Copyright (C) 2010-2012 Funshine Academy All rights reserved. Designed by TARO HOSOKAWA

お問い合わせ