インターナショナルプリスクール FunShine Academy


 MAP
Kindergarten
Elementary School
Study Abroad
Blog
Home
ConceptProgramAccessFAQ
HOME > イベント・インフォメーション
イベント・インフォメーション

Category : Teacher’s blog

■1歳半~2歳の子供の特徴としつけ■
2011年10月20日(木)01時37分

Pre-preschoolやBaby&Mommyに通われてるお母様方とよくお話する「1歳半~2歳のしつけ」についてです。 

 

1歳半~2歳代になるとほとんどの子供は歩くことが出来るようになり行動範囲も広がり、活発になります。

言葉の発達には個人差はありますが、親の語り掛けに対しても話の内容を理解し、反応を示すようになってきます。

歩く事が出来て、おしゃべりが上手になってくると親もしつけについて考える時期です。

しかし、この時期の子供は何をするにも意外と反抗したりするので扱いに困ってしまう人も多いと思います。

この時期の子供のしつけは「いやいや」の連発だけでは、社会に通用しないという「社会のルール」を教えることが重要なポイントになります。

しかし、この時期のお子さんは言葉でいくら説明をしても理解できないことがほとんどですので、何回も根気よく教えてあげてください。

社会のルールを教えるとき、子供は誰よりも親の言うことに耳を傾けます。大人の方でもご自分が一番信頼している人のアドバイスや助言には耳を傾けるのと一緒で、子供にとって一番信頼できる存在は親だからです。

子どもは親の背中を見て育つと言います、背筋を伸ばしてお子さまの見本になるように頑張りましょう。

 

またこの時期のしつけのポイントはとにかく毅然とした態度をとってください。人の目を気にせずに、「ダメなものはダメ」と毅然とした対応をしてください。

 公共の場で泣き叫んでいやいやがはじまった場合は用事が済んでいなくても、その場から子供を抱えて出て行くくらいしないと子供は同じ事を繰り返します。(やっても繰り返しますが・・・)

親が毅然とした態度を取らなければ子供は泣けば言うことを聞いてくれると思ってしまいます

社会のルールを教える基礎になりますので強い意志を持って耐えてください。

■個別のしつけに関して■

 日常でのしつけに関してあくまでも一般的(といっても偏ってるかもしれませんが・・・)を紹介します。

=食事のしつけ=

離乳食になれて卒乳や断乳などでおっぱいから離れて栄養を取るメインが食事になっている時期です。

 親の言葉の意味を理解し始めますので、食事のマナーについてのしつけを開始してみましょう。

 1:1歳半過ぎ

この時期は自分で食べたいという要求をとにかくします。ママが食べさせようとしても自分でスプーンを持って食べようとします。しかし、まだ上手にスプーンやフォークは使えませんので、どうしても手づかみで食べることが多くなります。

せっかく作った食事をぐちゃぐちゃにされてこぼされたりすると、ママは困ってしまいますが「こぼしちゃだめ!」とママが怒っても無理な話です。

誰しも初挑戦から上手に出来る人はいませんのでここは食事自体を楽しむということにポイントを置いてください。食べこぼしがきになるのならば、新聞紙やビニールクロスを敷くなどして後片付けが簡単に出来る工夫をしてください。

食事をする前の手洗いや、食事の挨拶(いただきます・ご馳走様)などを親が一緒にすることにより子供も真似をして挨拶をするようになります。

2:2歳頃

食事の前の挨拶をきちんとできる子も出てきます。食べ物の好みがかなり出てくる時期ですから自分が嫌いなものを残すことも増えてきます。また食べ遊びがピークを迎える時期です。

3歳を過ぎると落ち着いてきますので、あまり神経質にならずに辛抱してください。

ただ、食べながら遊ぶことをそのまま放置しないでください。

何故だめなのかきちんと言い聞かせて、それでもやめない場合は食事をさっさと片付けてしまいましょう。

=トイレトレーニング=

2歳を過ぎるとトイレトレーニングを始めるママさんが多いですが、オムツが外れるには個人差が非常に大きいのであまりあせる必要がないそうです。

★トイレトレーニングを始める目安★

1:あんよが上手に出来るようになった

2:おしゃべりが上手に出来るようになった

3:おしっこの間隔が2時間以上あくようになった

 

★トイレトレーニングの進め方★

1:1~2時間ごとにトイレに誘ってみる

2:子供がトイレに行きたいという意思表示をするたびにトイレに連れて行く

3:キチンとトイレで出来たときは褒めてあげる

4:用が済んだらトイレの水を流し手を洗うという習慣も教える

トイレが楽しくなるように、上手に出来たらシールを貼るとか工夫してみてください。

ちなみに我が家では現在、2歳になる息子のトイレトレーニングの真っ最中です。

 

=生活習慣=

親が毎日きちんとしていれば、子供は黙っていても見ているので真似をしますから

あまり意識しないでもできるようになります。

しかし、教えないと出来ないのも事実なので子供が楽しく出来るように工夫しましょう。

1:手洗い・洗顔

洗面台に子供は届かないことがほとんどなので、踏み台を使ったり洗面器を使ったりしてみてください。

上手に出来なくても褒めてあげることにより子供のやる気が引き出せます。最後に大人がキチンと仕上げをしてあげましょう。

2:お風呂

お風呂は子供にとっては遊び場みたいなものなので嫌がる子供は少ないと思いますが、いやいやの時期にはお風呂を嫌がることもあります。そんなときは子供が入りたいというまで入れないのも手です(笑)

しつけにかんしては、洋服の脱ぎ着が出来るかどうかがポイントになります。脱ぐのは比較的できても、着るほうはまだまだ出来ない子がほとんどです。

 本人がやる気満々の時で時間に余裕があるときは気長に付き合ってあげてください。しかし、あまりに時間がかかると風邪を引きますのでほどほどで着せてあげてください。

 

=あいさつ=

社会という組織の中で生きていくうえで挨拶は欠かせないものになります。

挨拶から人間関係が始まっていくので、きちんとした挨拶を出来るようにしつけていきたいものです。

2歳くらいだと人見知りが激しくて恥ずかしくて挨拶をきちんとできない子供がほとんどだと思います。

よく会う人や、身内に対してキチンと挨拶が出来ているのならば、もう少し年齢がいけばキチンと挨拶できるようになるので心配要りません。

絶対に「挨拶をしなさい!!」としからないでください。

もし家族の中でもきちんと挨拶が出来ていないようならば、まず日常生活で家族がきちんと挨拶をしているか確認してください。

「ごめんなさい」「ありがとう」と親がきちんと言えていないのに子供に言わせようとするのは無理があります。

 親の一貫した姿勢がしつけでは非常に重要です。

 

 ■ポイント■

 1歳半~2歳児しつけのポイントは「一貫性のあるしつけと毅然とした対応」です。

なんでも自分でやると言い出す時期ですのでなるべくであれば子供の自主性は尊重してあげましょう。

しかし家庭外、つまり外出時や公共の場ではやはり子供が出来るまで待ってあげることにも限界があります。

 そして注意したいのはそんなときに「あのおじちゃんに怒られるわよ」「先生に怒られるよ」「みんな見てるよ」「ほら怒られちゃった」などといった言い方をすることです。

特定の人物がいないときはしてもいいんだと子供に思わせてしまいます。

そうではなく「人の迷惑になることはしてはいけない」ということを親がきちんと教えなければいけません。

まだ小さいから・・・・という親の考え方は公共の場では通じませんし、公共のルールは小さいうちから教えなければ身につきません。

親がきちんとけじめを通し小さいうちから、きちんとしつけをしていればもう少し大きくなったときに子供は理屈で納得することが出来るようになります。

また人前でしかりつけるのはよくないと思っている人もいるかと思いますが、時にはそういうことも必要だと思います。

小さいうちは悪いことをしたらその場で即怒らないとすぐに忘れてしまいますので後から怒られても何故怒られているのか理解できません。

時にはママが爆発してしかることも必要ですし、愛情があってきちんと筋が通っているのであれば子供にトラウマになることはありません。


カテゴリー: Teacher's blog | コメントする
 
Chikakoのファンシャイン日記
2011年10月20日(木)11時27分

♢♦Classroom日記♦♢

最近寒くなりましたね。暖かかったり、寒かったり衣替えのタイミングを逃しているchikakoです。

さて、PrePreClassに新しいお友だちが仲間入り!母子分離が初めてのYくん。でも、3回目の登園日にはClassに入るとすぐに泣きやむようになり、帰りにはニコニコみんなに「see you~」私達もびっくり!楽しんでくれているようで嬉しいです

朝のcircleTimeでは、PreもPrePreも一緒にsing a song

その後は「bye bye」と各Classへ

今日はPrePreクラスのcraftを紹介します!今月は指先を使う☝Sticking☝

Colorと1・2・3のNumberも一緒に覚えながらApple のかわいいBagを作りました!男の子は早く仕上げる事に必死!女の子は丁寧に仕上げようと几帳面に。この時から違うものですね~全部自分達で出来あがるとみんなBagを片手にClassをお散歩

とっても上手にできました

 


カテゴリー: Teacher's blog, クラスの様子 | コメントする
 
Chikakoのファンシャイン日記
2011年10月15日(土)12時52分

★★Halloween craft★★

10月といえばHalloween!!

ファンシャインも月の歌やcraft(製作)にとHalloween一色!

Craftでは、Foot printでGhostを描きました。「tickle!tickle!」とくすぐったがりながらも完成するとみんなで「Boo~」と壁に貼って満足そう☺

Stamp中に写真を撮ろうと思っていたのですが、子ども達と楽しんでいたらすっかり・・・今日は子ども達の作品だけでのご紹介です↓↓

また、plastic Bag(ビニール袋)でもGhostづくり、これは怖いというよりもかわいいGhostの完成です♪

これからもみんなのcraftと共にClassをデコレーションしていきますよ★  



カテゴリー: Teacher's blog, クラスの様子 | コメントする
 
1 / 11

 
サイトマップ
コンセプト&特徴プログラム・料金幼稚園小学生留学制度ブログ会社概要FAQアクセスお問い合わせHOME



東京都 豊島区 東池袋4-41-24 東池袋センタービル9階 電話 03-6912-6912 Fax:03-6912-6911
Copyright (C) 2010-2012 Funshine Academy All rights reserved. Designed by TARO HOSOKAWA

お問い合わせ