インターナショナルプリスクール FunShine Academy


 MAP
Kindergarten
Elementary School
Study Abroad
Blog
Home
ConceptProgramAccessFAQ
HOME > イベント・インフォメーション
イベント・インフォメーション

Category : FunShine Academyからのお知らせ

Let’s eat Together!!  英語でランチ♪イベントのお知らせ
2011年08月24日(水)11時23分

限定企画
英語でLunch受付スタート!

FunShine Academyの楽しくて優しい先生達と一緒にランチをしませんか?インターナショナルスクールってどんなところ??など、「楽しい」をこの機会に体験してみてください。

英語が初めてのお子様もご安心ください、日本人バイリンガルスタッフがご一緒します♪

参加費:無料

持参品:お弁当・お飲み物など

(ご希望の方はファンシャインランチがご予約頂けます☆ お子様用1食500円/大人用1食700円にて)

対象:1歳児 親子で参加 毎週金曜日 12:00~12:45 

   2歳児~お子様のみのご参加。お子様以外はお教室に入れませんので、ご注意ください。

   毎週月曜日・金曜日 11:45~12:30 

予約方法:予約制です。2日前までに下記お電話にてご予約ください。

                *当日の受付は致しておりませんのでご了承ください。

【受付電話番号】
03-6912-6912 ファンシャインアカデミー

 

 

 

 


カテゴリー: FunShine Academyからのお知らせ, イベント | コメントする
 
「聞く」チカラ
2011年08月22日(月)03時54分

人の話を聞く力

お子さまは人の話を聞くことができますか?

ファンシャインアカデミーが大切にしているコミュニケーション能力。コミュニケーションは話すことと聞くことで成り立ちます。「聞き上手」という言葉にもあるように、人の話をしっかり聞く態度は、友だちと仲よくするポイントでもあります。聞くことが上手にできると、人間関係ばかりでなく、学校でも先生の話がよくわかるようになり、学力アップにつながります。

 「聞く」力をトレーニングしてみてはいかがでしょうか?ただ情報を聞き流すことと、耳をそばだてて集中して聞くことでは、理解度に差が出ます。特に今の子どもたちは、テレビ、マンガやゲームといった視覚から受ける情報量が多い傾向にあるため、意識して聴覚を使う機会をもつことはとても大切です。

 「ちゃんと聞きなさい」と言っても、なかなか思いどおりにならないのが現実です。聞く力をつけるには、きっかけを用意するとうまくいきます♪

まず、子どもと話しをして「お天気係」など、テレビ番組から得た情報を家族に伝える役を担当してもらいましょう。番組を漫然と見るのではなく、誰かに伝えるために聞くのだと意識することで、集中の仕方が変わります。

お子さまに何か毎日の仕事にして責任感をもたせると役目を果たすたびに「自信」は達成感と共にアップ!

 日常生活で、子どもの「集中して聞く力」を伸ばしてあげてください。

キッズライフナビ小学校受験新聞に当スクールが紹介されました。

 


カテゴリー: 教育について | コメントする
 
コミュニケーション力に必要な「7つのポイント」
2011年08月19日(金)02時14分

子どもの英語スキルをアップさせるには、ファンシャインの教育テーマにもなっている

「話す」+「聞く」、「自分の気持ちや意見を相手にきちんとわかるように伝える力」と「相手の話をしっかり聞いて、それに反応する力」をしっかり身に付けられることです。

いくら単語やセンテンスをたくさん知っていても、それらを効果的に使いこなすことができなければ、本当の意味でのコミュニケーションは図れていません。そして、これらの力は決して、自然に身につくものではありません。まずは、しっかりと思考力を育てることが必要になります。英語力はその後からついてきます。英語はコミュニケーションにおける一つのファクターです。

私がコミュニケーション力の大切さを重要だと考えるのには、アメリカに留学し、暮らしたときに感じた「言葉できちんと表現する社会であること」があります。

私自身、さまざまな場面で言葉を使ってコミュニケーションする力が足りないことを痛感しました。例えば、アメリカ人の友達と一緒に映画を見たときに「あなたはどう思った?」と聞かれて、自分の考えがまとまらずに黙ってしまい「うん、良かった!」とだけ言ってしまったり、相手の話にきちんとした言葉や意見が返せずに会話が終わってしまったり。きちんとしたコミュニケーションが取れない事で悲しい体験をしました。

日本では「あうんの呼吸」や、「以心伝心」という言葉があるように、「察する」ことでコミュニケーションが成り立つことが多々あります。そのため「言葉によるコミュニケーション力」を育てようという発想があまりないのではないでしょうか?

欧米人がこの力をどのようにして身に付け、育ててくのか、をテーマに当スクールのカリキュラム作りをしました。英語を母国語とする幼稚園から高校までのオーラル(口頭の)コミュニケーションの授業を参考に、ヒントを得ました。

当スクールでは、コミュニケーション力の大切さに重点をおいた授業と、欧米の子どもたちが受けていたオーラルコミュニケーション教育をアレンジした、「7つの力」(度胸力、論理力、理解力、応答力、語い力、説得力、プレゼン力)をトレーニングする授業を行っています。

ご家庭でできる、コミュニケーション力をつける基本的な方法とは・・・・?

 ~「元気よくあいさつをしましょう!」~

毎日、きちんとごあいさつできていますか? ご挨拶は、コミュニケーションの入り口です。 あいさつが自然にできるように、普段から意識してください。まずはご家庭で、声を出してあいさつを交わし合う習慣をつけましょう。

「おはよう」「行ってきます」「ただいま」「いただきます」「ごちそうさま」「おやすみなさい」意識して口にしてみましょう。お手本を示すつもりで、お家の人も、元気なあいさつを心がけてください。

家族以外の人とも、あいさつできるようになると良いですね。お友だち、習い事の先生、近所の人、お店の人、駅員さん、おまわりさん、お友だちのママ、親戚の人……。親子で近所を散歩して、地域の人とあいさつをするのもいいですね。なん人にあいさつできたか数えてもいいでしょう。ご両親のごあいさつを見てお子さまも真似するようになります。

 

ファンシャインアカデミーでは、どのクラスのお子さまも: 

Good morning!(おはよう!) Thank you!(ありがとう) ~Please(~してください。)

Let’s Eat. (いただきます) Thank you for my lunch.(ごちそうさまでした)

I’m leaving!(行ってきます!)I’m home!(ただいま!)I’m sorry.(ごめんなさい)

Good Bye!(さようなら)Hello!(こんにちは!)

がきちんと言えています☆


カテゴリー: 教育について | コメントする
 
Summer Schoolご報告
2011年08月16日(火)03時56分

Summer school日記

おかげさまでWeek1からWeek3まで怪我や事故もなく無事に終了する事ができました!!

参加してよかった、楽しかったとの声も頂き嬉しく思っております!

PoolにParkに遠足にたくさんの思い出ができました。

 

Week2は「Under sea adventure」

みんなが大好きな海をテーマにした週でした!暑さ知らずの子どもたちは毎日元気に来てくれました!

合い言葉は「Aye!Aye!captain!」

沢山の海の生物をお勉強して、遠足ではオープン2日目のサンシャイン水族館へ♪大きな水槽やアシカショー。習ったFishを見て「Look!!It’s a~」と大興奮!中でもJelly fishとCrown fishは大人気でした★

Week3は「Nature Week」森をテーマにした週でした!

Food chainやBirdhouseを作ったり、種からカイワレを育てたりと自然の大切さを知れた週でした!沢山の動物をお勉強して、遠足では上野動物園へ♪お天気もよく、動物を観察してStamprally!みんな良く観察できたかな??動物のふれあいコーナーでは、積極的に触れる子もいれば「scary」といいと怖がりながらも、最後は「They’re cute」と最後にはにこにこ笑顔に変身!

 

 また、来年も楽しいSummer schoolを予定していますので、是非遊びに来て下さいね!!

 

 

 

 


カテゴリー: クラスの様子 | コメントする
 
新学期がスタートしました!
2011年08月15日(月)05時05分

FunShineのSummer Schoolも多数の定員を上回るお申込みがあり大好評に終わり、8月15日(月)今日から新学期スタートしました!

Summerにご参加頂いた生徒さん、やはり15日間毎日英語の生活はスゴイ効果ですね。英語力が断然アップしました☆

 

 

以前にもご紹介しましたが、9月からTOMS 上履き導入が始まります。生徒の一足の上履きが、靴を必要とする世界の新しい一足に。One for One.

FunShineの生徒さんも9月からはこの靴で授業を受けます。みんなの1足が世界で靴を必要とする人の1足へ。たった1足、されど一足。靴を通して世界のみんなと繋が

っています。これからもさまざまな活動を通して、「世界中の子どもたちが微笑むことのできる日」を目指し、微力ながら自分たちができることから少しづつはじまようと思います。世界中の子ども に夢を与えたい、一人でも多くの子ども達を笑顔に出来ればという想いから、 TOMSの靴の導入を決めました。

The TOMS Story – TOMS の物語 –     

2006年、アメリカ人旅行家のブレイク・マイコスキーがアルゼンチンを旅行中に、現地の子供たちと触れ合い彼らが自分の足を守る靴をもっていないという現実を知りました。そんな子供たちを救いたいという思いから、彼はTOMS Shoesを立ち上げ、一足の靴が購入されるたびに、靴を必要としている子供に新しい一足の靴を贈りました。あなたの一足が、靴を必要とする世界の新しい一足に。One for One. ブレイクは翌年、TOMSのお客様によってもたらされた10,000足の靴を届けるため、家族・友人・そして従業員らとともに再びアルゼンチンへ戻りました。2010年9月現在、TOMSは世界中のギビングパートナーを通して、靴を必要とする子供たちに100万足以上の靴を贈っています。

Why Shoes? -なぜ靴?―

発展途上国の多くの子供たちは裸足のまま成長します。遊ぶ時・家の仕事を手伝う時・学校へ行く時・常に子供たちは危険 にさらさられています発展途上国における最も多い病気は土壌感染症で、それは裸足の皮膚から伝染します。靴を履くことで、子供たちはこうした 病気感染から守られ、また感染すると長期間体を苦しめる被害を避けることができるのですまた、靴を履くことで傷やその痛みからも守られます。傷は単に痛みを伴うだけでなく、傷口からの病気感染という危険もはらんでいます。多くの場合、裸足の子供たちは学校に通えません。靴は制服の一つと決まっているからです。靴がなければ学校に通うこともできないのです。教育を受けることが出来なければ、子供たちは自分の将来の可能性を知る機会にすら恵まれないのです。         

 

 

 


カテゴリー: FunShine Academyからのお知らせ | コメントする
 
1 / 212

 
サイトマップ
コンセプト&特徴プログラム・料金幼稚園小学生留学制度ブログ会社概要FAQアクセスお問い合わせHOME



東京都 豊島区 東池袋4-41-24 東池袋センタービル9階 電話 03-6912-6912 Fax:03-6912-6911
Copyright (C) 2010-2012 Funshine Academy All rights reserved. Designed by TARO HOSOKAWA

お問い合わせ