インターナショナルプリスクール FunShine Academy


 MAP
Kindergarten
Elementary School
Study Abroad
Blog
Home
ConceptProgramAccessFAQ
HOME > イベント・インフォメーション
イベント・インフォメーション
Kindergarten 2012年度幼稚園 説明会 7月15日(金) 
2011年06月27日(月)06時37分

平成23年度キンダーガーテンのご入学をご検討いただいております生徒様に、説明会のご予約のご案内です。

募集対象年齢  

2006年4月~2007年3月生まれ 

2007年4月~2008年3月生まれ

 2008年4月~2009年3月生まれ

☆学年、途中入園、帰国子女などのご相談お受けいたします。お気軽にお問い合わせください。 

日:7月15日(金)

時:お問い合わせの上、ご予約をお願いいたします。

お教室の広さ上個別のご案内になることもございますのでご了承くださいませ。


カテゴリー: FunShine Academyからのお知らせ
 
Baby Sign-ベビーサインのレッスン
2011年06月23日(木)03時56分

FunShine AcademyのBaby&Mommyクラスでは、ベビーサインを取り入れたレッスンを行っています

当校のベビーサインは最初にベビーサインを研究したDr.Joseph GarciaのAmerican Sign Languageをベースに授業を行っています。

ベビーサインとは、まだ言葉をうまく話せない赤ちゃんと、手話やジェスチャーを使ってコミュニケーションする育児法です。
赤ちゃんとお手てでお話、なんて本当にできるの??と思うパパやママも少なくないとおもうのですが、赤ちゃんはちゃんとできるのです!!
しかもとっても簡単です。 パパやママの普段の語りかけと一緒にベビーサインを添えるだけで、赤ちゃんも自分からベビーサインで意思表示ができるようになるのです☆

私自身も息子がベビーサインを6か月の時に始めました。初めてのベビーサインは7ヶ月のとき「Milk」を覚えました。その後は、「ちょうだい」「おいしい」と続きました☆
こちらのスクールに通っていらっしゃるベビー達もおうちでベビーサインを使ってママとおしゃべりできるようになったそうです♪

妊娠中にベビーサインの存在を知り、最初に購入した本は「まだ話せない赤ちゃんと話す方法」という本です。
この本はベビーサインについて学ぶ本です。実際にベビーサインをする前に赤ちゃんについて知ろう!というような準備のための読む本です。

ベビーが慣れるまで、混乱してしまうので一度にサインを何種類も見せないようにする事も重要です。
私自身も初めてのサイン「Milk」を教えたときも、6ヶ月からサインを見せ始めて、まねをしだす7ヶ月の間「Milk」のサインしか見せませんでした。そして次に「おいしい」を教えると決め、「ちょうだい」と「おいしい」のサインだけ見せて教えました。
慣れてきたら、いろんな場面でサインを見せ、どんどん覚えていってもらうようにしました。

大事なのは1日1回は見せること、あせらないこと、遊びの一つとして楽しむこと、そしてパパや周りの人に協力してもらうことです。

ベビーがマネをしたら、もしくはそれらしい動きをしたら、たくさん褒めてあげて、そのサインに答えてあげること諦めないことです。

ベビーサインはお勧めですコミュニケーションの一つでもあるけども、ベビーが言いたいことが分かるのが大助かりです。

ぜひ当校のレッスンでお試しください☆

ベビーサインをしているお子さまはとってもかわいいですよ♪


カテゴリー: FunShine Academyからのお知らせ
 
1~2歳児期の特徴って・・・・!?
2011年06月23日(木)03時27分

1・2歳児のママさんへ

最初の母子分離クラス「Pre-preschoolプリプリスクール」クラスはちょうどその年齢のお子様のクラスです。その頃の特徴と子育てのポイントについてお話したいと思います☆

人間最初の反抗期要求が通るまで泣いてひっくり返っちゃうぞ~!!自分がこうすれば要求が通るという事を大人に試す時期だそうです。「まだ小さいから・・・」「言ってもわからないだろうし・・・」「泣かれるとうるさいから・・・」などとワガママな要求を飲み込んでしまうと、彼らの要求は留まるところを知りません・・・むしろ強くなる一方です。ダメな事はダメ、いけないことはいけないと知らせるのが大人の役割です☆

自立心の芽生え大人の真似っこ大好き、もっと自分でいろいろやりたい!!この時期の子どもは大人のやることをよーーーく観察し、見ています。そして、同じことを自分でもやりたがります、たとえそれが出来なくても!コップにジュースを注ごうとしたり、ガラスのコップで飲みたがったり、チャックを自分で閉めようとしたり、大人(特にママですが)は子供の最初のお手本です。悪いことば、悪い態度など、悪いことほどすぐに覚えてしまいます。おうちの方、そして大人は良いお手本にならなければいけませんネ。

好奇心旺盛いたずらしちゃうぞぉ!!歩けるようになって視界も行動範囲も広がり、あっちにもこっちにも興味津々な頃。触ってみたい!かじってみたい!これひっくり返したらどんなふうになってるのかな??好奇心からたくさんの経験をし、学習していく時期です。ですが、放任はいけません!さわられて困るもの、壊されては困るものは彼らの手の届かない所やお片付けを。そして、一線を越えてはいけないと、きちんと言い聞かせましょう。

おとなの言葉、表情、感情はわかっています言葉にできないけど、知ってるよ!子どもの前で人を悪く言ったりすると人を信じられない子になってしまいます。大人のイライラした感情は抱かれて、その心動(震動)でこどもにすぐ伝わります。〇〇ちゃんって・・・、△△ちゃんのほうがかわいい~!なんて大人の発したほんの冗談でも子どもはすごく傷つきます。ほめて、ほめて育てましょう。

1.2歳児の子育てポイント!~

仕事に洗濯、掃除に料理、本当にママは忙しいけれど、手を止めて、

イライラしないで、ちょっと待つ

ニコニコ笑って ギューッとHug(抱きしめる)

その子だけにちゃんと言葉をかける

そして・・・絵本の読み聞かせをしてあげてください♪子どもの「心の脳」に届くそうです。読み手の脳にもとっても良いそうですよ。


カテゴリー: Teacher's blog
 
Chikakoのファンシャイン日記
2011年06月23日(木)12時45分

~躾 しつけ~

親御さんも一番頭を悩ませる幼児期のしつけ。

この時期のしつけはとても大切なのです。

「やめなさい!」「何度言えばわかるの!!」とイライラがたまり、カーッとなって大きな声を出しがちですが、親御さんは根気強く、子供の目線まで下がって毅然とした態度をとりましょう。

ここで大切なのは“しっかり目を見て話す事”そして『~すると周りの人に迷惑がかかるからいけません』等“なぜその行為をしてはいけないのかという理由を伝える事”が大切です。「だめよー。」「ちゃんとしなさい。」「○○に怒られるわよ。」と何かをしながら目も見ず、理由も伝えず流して叱っていては、叱られている事に対して子どもは反省するどころかまた同じ事を繰り返します。

ファンシャインでは、友だちとケンカをしたり何かいけない事をしたりした時は何がいけないのか」「どうすればよかったのか」「された相手はどんな気持ちなのか」等子どもたちに考えさせるようにしています。ですから、ここは答えが出るまでいくら時間を要しても、子ども達自身が理解するまで辛抱!辛抱!こうする事で自分の気持ちをきちんと言葉で伝えるという事にもつながるんですよ!

子どものしつけの場合はメリハリをつけた方が効果的です。楽しい時は思いっきり楽しむ!(^^)!でも、間違った事をした時はしっかりと話をする!理解できたら、にっこりギュ

子ども達から見る私はさっきまで笑っていたのに、叱る時はモード変換<(`^´)>!変換すると子ども達もシャッキ!「いけない事をしたのだな…」と悟るようです(笑)

ファンシャインのmama達にも共に成長を見守れたらと躾についてお話しております☆彡

普段のChikakoはニコニコ☻モードですのでいつでもご相談くださいね


カテゴリー: Teacher's blog, 教育について
 
Dianna流 子育て論 part.2
2011年06月22日(水)09時47分

Living in today’s modern world where kids alike parents have shown to be busier,  driving or accompanying  each child to their perspective activities, watching and cheering your child in all their sport events, attending a recital,  or just  plain quality time but whatever the occasion may be, each  parent shows their loving support and encouragement  to each child. Their achievements are parent’s greatest accomplishments. As we are our children’s first teachers.


カテゴリー: Teacher's blog
 
1 / 3123

 
サイトマップ
コンセプト&特徴プログラム・料金幼稚園小学生留学制度ブログ会社概要FAQアクセスお問い合わせHOME



東京都 豊島区 東池袋3-23-8宝エステートビル2F 電話 03-6912-6912 携帯 090-6796-8730 Fax:03-6912-6911
Copyright (C) 2010-2012 Funshine Academy All rights reserved. Designed by TARO HOSOKAWA

お問い合わせ