インターナショナルプリスクール FunShine Academy


 MAP
Kindergarten
Elementary School
Study Abroad
Blog
Home
ConceptProgramAccessFAQ
HOME > イベント・インフォメーション
イベント・インフォメーション

Category : 教育について

自分の国・文化を知るのことの大切さ
2017年04月28日(金)10時34分

FunShineを卒業した後の進路は?

インターナショナルスクール?もしくは日本の小学校?で迷われる親御さんが多いです。私は「どちらもチャレンジしましょう。」とお答えしています。ご家庭の教育方針によって選択は様々ではありますが、お父様はインターナショナルスクールに行かせたい、お母様はお受験を考えたいなどなど・・・。

お子様をどちらに進ませるべきか悩まれる事が多いようです。

もし、インターナショナルスクールをお考えのご家庭で、小学校から全部英語だけの生活をお考えのご家庭の場合。完全英語のインターナショナルスクールにお子様を通学させる際には、インターナショナルスクールの校長先生から「母国語である日本語の習得は基本的には諦めてください。」と言われた事があります。

主たる言語が英語になるので日本語は第二ヶ国語として習得する事になります。日本語の習得はそこまで重要ではない、とお考えのご家庭であればそのまま小学校・中学校・高校・大学と海外の学校に進学になるでしょうか。私の知り合いのお子様も日本語の習得については、習い事として学習塾に平日通っていました。やはり、聞くことはできても、話す言葉、読み書き、漢字などは+アルファが必要になってきます。日本語の習得をしっかりやっておかないと、将来は母国語が第二言語の「日本人」という事になります。

では、日本の小学校に進学した場合。

今までの英語がもったいない、せっかくここまでやってきたのに・・・と不安になられる親御さんも多くいらっしゃいます。しかし、答えは「心配ありません。」

幼児期に身につけた英語は完全に『0ゼロ』にはなりません。ファンシャインで楽しかった、英語で話ししていた、勉強していた経験がお子様の成功体験として染み付いているのでネガティブな気持ちが一切ない状態でいつでも英語の環境にスムーズに入る事ができます。

すなわち、時期が来たときに留学する、もしくは英語の環境の学校に進学するのが良いと思っています。

実際、私も幼少期から小学校まではシンガポールで暮らしておりましたが、幼稚園は現地のインターナショナルスクールに行き、小学校は日本人学校に進学しましたが幼稚園時代の英語の経験は私の中でずっと「英語が好き」を持続させてくれました。

中学校は日本に帰国して日本で卒業しましたが、幼少期の「英語が好き」がいつの間にか「アメリカに留学したい」に変わっていました。私の中学3年生の担任の先生は、現在ファンシャインでお手伝いをして頂いている私の恩師である板倉先生なのですが、進路相談については先生を悩ませました。

日本の高校もいくつか視野に入れてはいましたが、気持ちは完全に海外に向いていました。授業中に空を見ながら「アメリカの空はもっと青いのかな?学校生活はどんななのかな?アメリカ人の彼氏とかできちゃうかな?ムフフ」などなど。周りの同級生が受験勉強で必死な時期でも、私は「早くアメリカ行きたいなぁ」としか考えていませんでした。

両親に留学したい希望を伝えると、もちろん一筋縄では行かないわけで・・いろいろ紆余曲折ありましたが、17歳になる夏に渡米しました。留学までの経緯は以前のブログでお伝えした通りです。http://funshine-eng.com/teacher_1712

留学は、人生においてとても大切な糧になったと思います。

日本と海外の架け橋になりたいと思っていた私ですが、留学して自分が変わらなければいけないと言うことを沢山学びました。

留学の真の意味は、自分の慣れ親しんだ世界の垣根を越えて、違う言葉、違う文化、違う社会に触れること。そういった経験を積むことが成功の鍵となりつつあります。

留学経験は自分一人の未来を変えるだけではなく、自身を取り巻く世界の将来を新しい方向に導きます。

そして、海外に行ってとても大切な事は英語が話せるか、ではなく「自分の国・文化」について自分の言葉で話せるか?です。

Mayumi Hayakawa

日本人宇宙飛行士の山崎さんのインタビュー動画があるので、ぜひご覧ください。

https://americancenterjapan.com/abroaderview/yamazaki-naoko/

山崎 直子さん

1970年千葉県松戸市生まれ。東京大学工学部航空学科卒業、米国メリーランド州立大学へ留学。
その後 東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻修士課程を修了し、宇宙開発事業団(現・宇宙航空研究開発機構、JAXA)に入社。
1999年、宇宙飛行士候補に選ばれ訓練開始。2010年4月、米スペースシャトル「ディスカバリー」に搭乗し、国際宇宙ステーション組立・補給ミッションに従事した。
現在、宇宙政策委員会委員、日本宇宙少年団(YAC)アドバイザーなど。
「astronot」の画像検索結果

カテゴリー: FunShine Academyからのお知らせ, Teacher's blog, 教育について | コメントする
 
保護者向け 教育セミナー 開催のお知らせ
2014年05月27日(火)11時01分

親子関係に効く!「親業」を知っていますか?

親業訓練(P.E.T=Parent Effectiveness Training)

親の役割(=親業)は子どもを一人前の人間に育てること。子どもが親に心を開き、自分で問題を解決できるように促すことが大切です。親業を参考により良い親子関係を築くコミュニケーション方法をこの機会に考えてみませんか?

「誰でも親にはなれる。でもよい親になるのは難しい」

大部分の親は、良い親になるために、トレーニングを受けて親になったわけではありません。みんな迷いながら、わからないまま、手探りで子育てをしているのです。

「親業(おやぎょう)」とは、子どもの気持ちを受け止め尊重しながら、親子のやり取りを無理なく運んでいくためのコミュニケーション方法。1962年にアメリカの臨床心理学者トマス・ゴードン博士が考案したもので、カウンセリング、学習・発達心理学、教育学など、行動科学の研究成果を基礎にしたプログラムです。今回は子育てに悩めるママたちへ、親子関係に笑顔が増える「親業」の入門プログラムです。

 

・開催日:7月8日【火】・7月14日【月】・7月18日【金】全3回 

     午前:10時~12時 1回2時間 計6時間 

・受講料:5,000円(入門講座 6時間分) 定員:20名

・場所: FunShine 1(旧スクールにてミニストップ上)

・講師: 親業訓練協会 インストラクター

お申し込み方法:参加希望別紙にて

締切:6月16日(月)または、定員になり次第締切

このプログラムの特徴は

プログラムを通じて、参加者自身が、親としての役割や子どもとのコミュニケーションについて考え、見つめなおしていただける場面を多く取りいれたワークショップ形式です。

講座の柱は以下の3つです。

          1)親の役割とは何か

          2)子どもへの日常の接し方の大切さ

          3)子どもの気持ちに耳を傾けるために

指導にあたられるのは、親業訓練協会認定の親業訓練インストラクターの中でも、特にこの「親業訓練入門講座」のために研修を受けた先生です。

このプログラムには6時間の中に、体験による学習、グループディスカッションなどが入り、バラエティに富んだ学習方法で活気ある講座が展開いたします。

このような訓練を受けることで

 親であることが楽になる、というのが多くの方の実感です。

ある意味で親としての能力を高めるということでもあります。

やり方がわからないことは料理でも何でもむずかしく感じます。

子どもを育て、子どもといかに接するかについても同じです。

学ぶことで楽になることがあります。


カテゴリー: FunShine Academyからのお知らせ, イベント, 教育について | コメントする
 
生涯賃金は5歳で決まる!? 
2013年07月23日(火)02時41分

昨今、幼児教育の重要性の是非について議論されていますが、幼児教育の重要性は科学的に立証されているようです。

ノーベル賞受賞者である経済学者ジェームズ・ヘックマン氏は、科学雑誌『Science』にて「就学前の教育がその後の将来を左右する」という主旨の論文を発表しています。彼は約40年にわたり幼児教育を受けた人達の成人後の職業や収入を追跡調査しています。その結果、3~4歳の頃に幼児教育を受けた人は受けなかった人達に比べ、経済的な成功を収める確率が高いことが実証されているようです。

また近年、脳科学の分野でIQに代わる指標として注目されているのがHQ(Humanity Quotient)です。これは、協調性、探究心、主体性などを総合した「人間性知能」のことだそうです。HQが高い人は低い人に比べて年収や役職が高く、社会的に成功する率が高いという調査結果が出ています。そして、このHQを高めるには5歳までに脳に知的刺激を与えることが最も効果的だと言われているようです。

ファンシャインアカデミーでは「人間力」を重視しています。考える力や自主性を育てること。

みんな一緒で、という画一的な教育法が根強い日本では、「こどもの自主性を伸ばす」という視点が弱いという指摘も出ています。日本の学生や社会人の多くは、与えられたことは上手にできるのですが自らの頭で考えて行動に移す、ということが苦手です。

決まったものを作っていけば良かった時代では画一的な教育方法が良かった面もありますが、変化が激しいグローバル社会を生き抜くためには自分の頭で考えて行動できる子供を育てることが大切になってくるのではないでしょうか?

また、英語を学ばせるタイミングは、お子さんが興味を示した瞬間がチャンスです。それは、お子さんが興味を示しているときに教えることです。

逆に、興味がないときはご両親がどんなに熱心に教えても、学習効果は低くなります。

専門家も、もっとも学習効果が高まるのは子どもが興味を示したとき、と述べています。

特に幼児期の子は、好奇心をもったことは積極的にやろうとしますので興味をもったものは、どんどん吸収して、あっという間に身につけてしまいます。

お子さんが英語に興味を示すきっかけは人によってさまざまです。

例えば、

アルファベットを口にだし始めたときや、英語の幼児番組を集中して見始めたとき、英語の絵本の文字をしゃべろうとしたとき、お母さんの話した英語をマネしようとしたとき。

こうしたお子さんの様子は、普段一緒に家にいるお母さんが一番よく気づくはずです。

お子さんの仕草をみながら英語の興味のもちはじめたときを見逃さないようにしましょう。

幼児期の教育は人格形成に大きく関わります。

11


カテゴリー: FunShine Academyからのお知らせ, 教育について | コメントする
 
”いのち”のお勉強
2013年04月13日(土)02時58分

欧米では、死から学ぶ教育(death education)が幼稚園から行なわれているそうです。

 

死の教育と言っても、「死ぬ」ことについて教育するわけではなく、「死」を理解して「生きる」事について学ぶことです。

日本においては、生と死は分離されています。死というのはタブー視されている事が多いです。生と死が分離された状況では、命について考える機会もありません。

そういう状況から、命を軽視する傾向が強くなっているのではないだろうか、と以前参加したセミナーで講義をされた方がおっしゃっていました。

最近の少年事件の話を聞くとそう思わざるを得ません。

人間は、愛する人や愛する物を失っても、その悲しみを乗り越えて生きていかなければなりません。

心理学者のフロイトは、その課程を「悲哀の仕事」と定義したそうです。

子供の場合、「死」はトラウマになったり、引きずったりすることもあるそうですが、そういた経験が成長には欠かせないのだそうです。

最近の子供達は、世の中の不条理や矛盾を受け止められない傾向にあるとか。

ゲームの世界では、リセットで何度でも蘇り、壊れた物また買ってもらえます。

一度失った物が戻らないのが耐えられないそうです。

 

神戸児童連続殺傷事件の犯人の少年は、最愛の祖母を失ったショックから、「生き物には魂があるはず。」と手当たり次第に小動物を解剖したそうです。

 

私自身、小さな頃沢山の生き物を飼っていました。

うさぎ、かめ、こうもり(怪我をしたこうもりを暫く家で飼っていました)、鳥、犬、猫、ハムスター。

そして、その生き物たちが死ぬたびに妹と一緒にお墓を作り、何度涙を流したかわかりません。

今の子供達は、色々な制限がある中で、そういう経験をすることが難しくなっています。

私自身も息子にペットを飼わせてあげたいと思いながら、住宅事情実現が難しく叶えてあげられていません。

 

「一度死んだ生き物が、生き返ることがあると思いますか?」 というアンケートに、

小学校高学年の2/3の子供が、そして中学生の半数が「生き返る」「生き返ることもある」と答えたそうです。

みなさんはこの結果をどう思われますか?

 

ファンシャインアカデミーでは、命の勉強を含め、生き物を大切にする心をきちんと育んでいきたいと思っています。


カテゴリー: Teacher's blog, 教育について | コメントする
 
Jet Junior English Test 実施について
2012年12月17日(月)11時04分

FunShine Academyでは、国際基準のコミュニケーション英語能力テストであるJetを全生徒対象に実施します!

英検の日本独自のテストではなく、世界共通のテストですでに各国で実施されており世界共通のテストとなっています。

一流企業に限らず、いまや社会で問われるのはTOEIC®TESTのスコアです。JETは、そのTOEIC®TESTにシームレスにつながり、世界標準でコミュニケーション英語能力を測ることができる「未来型」のテストです。

将来必要になるコミュニケーション英語能力を高め、いずれ必要になるTOEIC®TESTにいまからしっかりつなげていく・・。お子様の将来を見据えての当然の選択ではないでしょうか。

スイスの研究機関IMDによれば、日本人の語学力の企業ニーズの合致度は調査対象全57か国・地域中55位となっています。

(1位デンマーク・2位スイス・3位オランダ・4位スウェーデン・5位ルクセンブルグ)

 

テスト実施日 2013年2月 23日(土)

説明会・オリエンテーション 2013年1月12日(土)

 

JETの目的

JETは、暗記や読解を中心とした従来型英語学習の成果ではなく、英語運用能力を測定する事を目的に開発されました。

コミュニケーション英語のトレーニングで培った能力を正しく計測する事で、目に見えにくい成果を確かめ、正しく次のステップへ進むための指標となるテストです。

JETとは

JETは、米国IMET(Institute for Measurement in Education and Training)が開発したテストです。すでに韓国と中国で実施されています。英語教育が盛んな韓国では、年間十数万人が受検しています。

米国IMETは、TOEIC®TESTやTOEFL®TESTを開発した米国ETSで、その開発に携わったSteven A. Stupak氏が責任者として運営する機関です。

TOEIC®TESTやTOEIC Bridge®にスムーズに繋がる、小学生から受検できる、コミュニケーション英語の能力を測るテストです。

 

・TOEICのスコアは日本でも大学の一般入試・推薦入試に採用されています。

<主な大学の基準スコア>

同志社大学-法学部 730 ・ 文化情報 700

関西大学-外国部 650 ・ 文学部 620

立命館大学-文学部 800 ・ 経済 650

上智大学-外国語・経済・法学部 700

早稲田大学-人間科学 800 ・ 商学部 620

青山学院-政治経済 730

合格証 5レベルのテスト問題に10段階の「級」を設定。スコアから合格判定を行います。


カテゴリー: FunShine Academyからのお知らせ, 教育について, 新プログラムのご紹介 | コメントする
 
1 / 512345

 
サイトマップ
コンセプト&特徴プログラム・料金幼稚園小学生留学制度ブログ会社概要FAQアクセスお問い合わせHOME



東京都 豊島区 東池袋4-41-24 東池袋センタービル9階 電話 03-6912-6912 Fax:03-6912-6911
Copyright (C) 2010-2012 Funshine Academy All rights reserved. Designed by TARO HOSOKAWA

お問い合わせ